(今さら)少年ジャンプ24号ネタバレ感想一気書き

タイトル通り、まさに今さら感満載で24号の感想を書き残します。自分の備忘録的な意味で。24号って最早先週号の感想ですらない。あー…ブログ始めて1年弱、23号まで毎週欠かさず書いていたのに、ここまで遅れちゃうなんて無念です。

ただ、どんなに忙しくても、漫画はそれなりに読んでいます。この頃はジャンプ+が毎日とても楽しみで、特に今日まで配信していた「この音とまれ!」が私の中でかなりのヒットでした。心が弱っている時にあの青春群像劇はやばい。ド直球にこちらの涙腺を崩壊してきますわ。
この後出掛ける用事があるのですが、帰りに単行本を買おうと思っております。全巻揃えるぜい。

前置きはこのくらいにして、早速感想の方をいきます。本当に短いです。



たくあんとバツの日常閻魔帳
新連載。凄く子ども向けの絵という印象ですが、たくあんのキャラクター性には適度な仄暗さも感じます。ただ、個人的にはさほど好きな作風ではないので、読み切り時からその技術の高さで記憶には残っているものの、正直「微妙だ…」というのが率直な感想です。個人の好みの問題です。好きな人はごめんなさい。
……でも私って、結構「何でこんなつまらん漫画が人気なんだ?」って言ったその舌の根も乾かぬうちに「何て面白い作品なんだ!好き!」とか言い出すこともしょっちゅうなので、今後今の自分の想いをぶち壊してくれる展開を期待もしています。

食戟のソーマ
負けを認めるくせに、セントラルには入りたくないとか言う我がままソーマ。お子ちゃまか!しかし、勝者の司先輩がそれでいいって言っているのだから良いのでしょう。
それにしてもにくみちゃんは、あれほどソーマにもじもじの照れ屋キャラなのに、公衆の面前では常にあの豊満なチチを惜しげもなく晒している(人聞きの悪い言い方)。素晴らしいですな。女子キャラの中では、田所ちゃんも捨てがたいけど、やっぱりにくみちゃんが一番かなー。

ブラッククローバー
正直、アスタじゃなくてフィンラル先輩とかチャーミーパイセンの戦いの方が読んでいて珍しさもあるから面白いんだけど、他キャラの展開はあまりじっくりやる気はないらしい。ええええ…。ただ、敵とは言え、素敵なものは「素敵な踊り」と目を輝かせるアスタはやっぱり可愛いし、性格良い(笑)。

僕のヒーローアカデミア
25号を読んだ後でこれを書いているので、24号を読んだ直後とは明らかに印象が変わっている今話…。
でも今読んでも、デクが自分でも他の人間でもなく、「かっちゃんを動かせるのは切島くんしかいない」という結論からのあの展開は、そりゃ事実そうなんだろうけど、よく分からないモヤモヤ感は依然としてある…。連載当初から切島くんは物凄く懐の深い、まさにヒーローの鑑のようなキャラクターで好感度も高いのだけど、これまであまりクローズアップされていなかったせいもあるのか、今イチ、デクのライバルであり、散々狂犬として描かれているかっちゃんを動かすキャラと言われても…うーんという感じが。
まぁかっちゃんにだって1人くらい、心を開けるキャラがいないと、作品的に動かしづらいというのはあるでしょうが。

ハイキュー!!
良かったね。……いやホント、これくらいしか書くことがない(笑)。

ワールドトリガー
文字通り身体に風穴開けられても顔色ひとつ変えずにガシャコガシャコとスコーピオンで「修復作業」とか…。遊真の冷静さが怖い。でも素敵。これみんな、これから真似していくんだろうな(笑)。
照屋ちゃんは1人になっちゃったけど、全然絶望感がない。この間、スゴイ子って描写があったから、自然見る目も異なっていて、何か物凄いことをやってくれるんじゃないだろうかという、チカちゃんを考えれば不安だけれど、一転楽しみな気持ちにもなる。
んで、香取ちゃんは相変わらず全くイイとこなしで、その間に「格下」であるはずの修が!ななな何と修が~!!1人で相手を仕留めた上に、遊真とのアイコンタクトなし(?)でのコンビネーションで2人目も撃破!?いったい何が起きているんだ…!?物凄くびっくりしてしまった。修のレベルは10ぐらいフライングしているのか?つーか、遊真とはこういう戦い方の特訓ってどこかでしているのかな?それとも、もう2人の間には何も言わなくてもお互いの動きが手に取るように分かるんだぜみたいな以心伝心レベルが神の領域に到達しているのか。明らかに香取隊のみんなの方が付き合い長いだろうに(笑)。
そういえばワンピのボンちゃんが言っていたよな~。友達っていうのは付き合った長さとは関係ナッシングとか何とか…(笑)。修と遊真って本当にいいコンビなんだな。好きだ。

ものの歩
マフィアのおじいちゃんが最高にカッコイイ。信歩にはもうこの人しかいない!って感じの師匠ですな。桂司くんとはどのような関係なのかも気になるところ。

鬼滅の刃
いやー面白い。静かな描写で淡々と流れるように進む話ですが、作品の雰囲気が本当に好き。いきなりラスボス出てきましたが、この男の不気味さも良い感じ。ちょっと掲載順も上がってきた感じするし、これはいろいろな意味で期待が高まります。

ゆらぎ荘の幽奈さん
これまた25号を読んでいるから感想書きづらいのですが、この作品はどういう展開になろうが、ちゃんとそれなりのエロシーンをぶち込んでくるところがブレがなくて分かりやすいですな。

火ノ丸相撲
最早疑う者はなかった/潮火ノ丸の敗北を……からの、次ページ。
真面目に鳥肌立ちましたわ。
よくこんな風に毎回毎回驚きを与えることができるよ…。今回こそは驚かないぞって思っていても(笑)、気づいたら夢中になっていて、まんまと「ぐわわわーん!!」という衝撃を与えられてしまう。結果はもう知っちゃっているわけですが、それでも、今話は何回読んでもゾワゾワきます。圧巻。

左門くんはサモナー
ウケた(笑)。もういろいろウケた。そして召ちゃんは確かに可愛かった。文句なし。

HUNTER×HUNTER
もう一体何が何やら…(笑)。この戦いは長期化するんですかマジですか。それでも面白いとは感じているけど、とにかくヒソカ早く勝ってくれ。団長は変装しているせいもあるかもだけど、最初に登場してきた不気味な旅団のボスっぽさが完全に消えていて、単なるそこらへんにいる一般人のニーチャンにしか見えない。こんなんに負けたら嫌だ。

斉木楠生の屮難
文字変換めんどくさいからそのまま書くけど、さやかちゃんの不気味さはナイスと言うよりなかった。「なんか出た」とか「さやかちゃん怖っ」とかって斉木の心の声がいちいち笑えた。最後のオチも最高。すっきりまとまってイイ感じでした(え)。

背すじをピン!と~鹿高競技ダンス部へようこそ~
リオ先輩がサラさんに発破かけられたことで再び闘志を奮い立たせるとかだったら理想の展開なんだろうけど、どうにもそうなる雰囲気は感じられず…。一方の雅春のノーテンキさと言ったら…この子、ホント心からこの状況を楽しんでいるよね(笑)。この温度差って、作者さんは狙ってやっているのかね。

こちら葛飾区亀有公園前派出所
あれだけにゃんこが懐きまくるんだから、ネガテブさんは本当に良い人なんだと思うけど、たかだが1週間でずっと飼っていた主人よりも懐かれてしまったら、私がその飼い主だったらショックもいいところだ(笑)。

ニセコイ
もうあとは楽のようやく気づいたらしい気持ち=話の結論を待つばかりですな。

BLEACH
え、ラスボスって主人公の父親だったの?でもその父親は主人公の母親を殺していたの?……てな感じで、何せこの漫画を知らないもので、ずっと追っていたら「そうか遂に因縁の…!」とか何とかなるのかもだけど、ただただ戸惑いがあるだけである。

銀魂
一読目は引き込まれながら読みましたし、熱い銀魂も好きですが、2回読もうという気力はなかった…。

トリコ
特に感想なし。

磯部磯兵衛物語~浮世はつらいよ~
これまた特に感想なし(笑)。なんか最後らへんの漫画はどれも流し読みだなぁ…。すまん。

24号はここまで。普段の半分の量です。いまだかつてない短さ。
余裕があったら25号もいきます。

スポンサーサイト

テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

minori

Author:minori
minoriです。
主にジャンプ作品の感想をつぶやきます。
時々気まぐれで他ジャンルもつぶやくかも?

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
参加しています

FC2Blog Ranking

こちらにも参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR