(またまた今さら)少年ジャンプ25号ネタバレ感想一気書き

本日もまた1週遅れのジャンプ感想を更新します。現時点でもう26号を読んだ後だし、本当に今さら感が拭えないのですが…どうにも1号分飛ばして最新号の感想を書く気がしない。

ところで前回書いた、ジャンプ+の期間限定無料掲載『この音とまれ!』ですが、無料掲載分が4巻の途中までだったので、早速続きを読もうと本屋へ向かいましたら…。
みなさん考えることは一緒というかで、どこの本屋にも4巻がピンポイントでない!笑
なんで、全巻揃えるのに本屋数件回りました。あ、私は本屋さん巡りが好きなので、専門書以外、めったなことがない限りは、通販で本は買わないのです。
んで、『この音』の在庫。正確に言うと、4巻だけでなく、ところどころ穴あき状態の本屋が多かったです。みんな苦慮しながら、ある巻だけその場その場で買っているのかな~?という印象。少なくも私は、最初行ったところの本屋に4巻と8巻以降がなかったので、間の5~7巻だけ買って、また違う本屋では、3、4巻はあったけど10巻はなかったので、3、4巻と9巻だけ買って、そこにあった11巻は買わないでおく…とかやっていましたから…。最初の1、2巻がないパターンも多かった!やっぱり全巻揃える派が多かったってことでしょうね。
まぁそんなこんなで、どこの本屋さんも、全巻ズラリと揃えている所は皆無でしたよ。
本屋さん!集英社がああいうことやった後は、絶対その作品は売れるのだから、ちゃんと在庫揃えておいた方が良いよ!…揃えていたのに虫食いされたのかもしれんけど(笑)!
あと、この間行った某本屋では、めっちゃ不愛想な店員から「そこにある分しかありません」って在庫確認もしないで即答されて、それってもう何回も同じような質問されて把握していたから即答できたのかもしれないけど、そう言われた客(私)の方は、単なる怠慢で調べてくれなかったなとしか感じなかったから、あんな接客態度悪い本屋にはもう二度と行かないって思った。たかが1人、されど1人ですよ。このご時世に、某本屋さんは店員の接客指導を怠ったせいで貴重な常連客になり得る人間を一人失ったから。
前置き長っ。本題にいきます、先週号の25号感想です。前回同様短めにいきますが、読んで下さる方は追記からどうぞです。




僕のヒーローアカデミア
Mtレディが超カッコよかった!グラントリノも!物凄く心強い!ホントはエンデヴァーにもいてもらいたけど(切に)。
いやー、しかしまさかまさかで、あのまま逃げおおせることができたとは…!これまた嬉しい誤算でした。本当に良かった…。てっきりデクが一生後悔するような形でオールマイトが死ぬのかと思ったから、とりあえずその不安だけでも取れて良かったわ…。オールマイトの死にフラグは依然として立っているわけだけど(汗)。

ONE PIECE
サンジの兄さんじゃなくて弟だった!がっかり!あの見てくれに(爆)!
フードずっと被っていればよかったのに…何あの髪型(笑)。でもサンジのお姉さんは美人で良かった!まだ2人の兄の見てくれには希望を捨てずにいよう。科学戦隊ものってネタだけでもうダメな雰囲気満載に感じてはいるけど。
にしても、サンジの家族は想像していたもの凄く残酷でどうしようもない暗殺一家というイメージが削がれたけど…(ヨンジの女好きといい憎めない感が…笑)。どうしてサンジが家を捨てようと思ったのか、描かれるのが楽しみですな。

食戟のソーマ
えりな様のあのカッコってパジャマ…?まぁ何てはしたない、寝間着姿で殿方のお部屋に自ら向かうなど!って誰かに怒られないのかしら(誰だ)。
すんごくオイシイ料理を作る「機械人間」を大量生産する手法って、ただひたすらそこの店の味を再現することだけ追求すれば良いマッ○やデニー○、ガス○等のファストフード店やファミレスと同じってことだよね?そういうお店は絶対必要だし、そういうお店で働きたい、給料も保障されているからって思う人はそれでいいさ。
けど、「自分」を表現したい「料理人」志望の人間が怪人パパの理念を受け入れられないのは当然だし、そもそも「料理学校」がそれ言っちゃダメだろってのは当たり前のことなのに、何でそんな考えがまかり通るのか?遠月って名門料理学校でしょ?怪人パパは頭おかしいからあれでいいけど(え)、講師陣で疑問持たずに従っている人って最早料理人じゃないよなぁ。自分のメニューをコピーさせるつもりで働いているならいいのかもだけど(司先輩みたいに)。

ドラゴンクエスト 蒼天のソウラ
これ感想書くために2回読もうとは思えなかった…。正直、これで宣伝になるのだろうか?この読み切りを見て、「単行本集めたい!」「Vジャンプ買おう!」って、どのくらいの読者が思うのかな…(汗)。ごめん、こんなこと言って。キッズ漫画としてはよくできている方なのかもしれんよ…私は大人だから分からないだけで。そう、単に私個人が全然単行本欲しいとか続きが読みたいって思えなかったってだけだから。本編はもしかしたらもっと面白くてキャラの魅力もガンガン描かれているのかもしれんね。読み切りで作品の魅力を伝えるのは凄く難しいよね…。
しかしこれをドラクエと言ってしまうことには何とも反発心が拭えない…。

ブラッククローバー
カホノが男らしい。へたれなノエルにはぴったりの良きお友達じゃないですか。しかしそれよりバネッサ姐さんの戦いをやって欲しかった~。正直、アスタとあのダンス兄さんの体育会系な戦いを長々やられても…(苦笑)。と、思っていたら、急展開!意外な感じでもう敵さんが出てきたので、この間延びさせないストーリー運びには意表をつかれました。…ちょっとだるだるなギャグバトルを見たかった気もしないではないですけど、それも他団員の戦いを見たかっただけだから、アスタ&ノエルメインのバトルになるなら別にいいかな。←ひどい

鬼滅の刃
ま、前っ!スゴイ前掲載でびっくりなんですけど!もう大丈夫なのか鬼滅の刃は!?
…と、何気に失礼な発言をしてしまうわけですが、実際面白いもんな。このラスボス?無惨なる男がどのような「人間」なのか、凄く興味ある。今のところ私のイメージとしてはゲーム『東京魔人學園』の柳生宗崇ばりの過去を持つ男って感じ(魔人を知っている人だけ同意なり反対なりして頂けると…笑)。柳生の方が恰幅あるし、武士!って感じだから、無惨はそれと比べるとドラキュラ系の細身な風体でちょっと違和感あるけど…人間を恨んで我が神になるって感じの流れなら共通点はある。こういう陰のある奴が敵ってのは、まっすぐタイプの主人公には良いね、ぴったり。
惜しむらくは無惨の絵ヅラに凄味がないことが……でも連載が続けば作者さんの画力も上がると思うし、それによって多少なり迫力度にも変化はありそう。期待大。

たくあんとバツの日常閻魔帳
これ割と面白くてさくさく読めた記憶があったけど、感想書く段になってどんな話だったっけ?って全然思い出せなくて、ページ開きなおしたよ…印象が…。思い入れ持って読むにはもうちょい時間が必要なようです。でも読みやすいのは好印象。

ハイキュー!!
どう考えてもへび主将さんが勝ち組である。試合には負けても勝負には勝っている。何あの可愛い彼女。信じらんない。ただ単にフラれただけかと思っていたのに。笑った。
木兎さんも出てきて、赤葦くんにカッコイイセリフかき消されて笑えた。このコンビ本当に好きだわ。表情が読めないイタチの主将より、断然梟谷を応援したいぜー。(音駒は)

左門くんはサモナー
えーっ、下呂くんってテニス部のエースだったの!?(そこ?)
いや~、男前の下呂くんを見られて良かった。さらにその男前の上をいく小鳥ちゃん、なのにカス虫に懐く小鳥ちゃん。可愛い(笑)。カス虫も何だかんだで、己のカスっぷりを露見されても最後まで小鳥ちゃんの部活体験に付き合ってあげてたし。イイ奴じゃん。

銀魂
ふー、やっと終わってくれましたな。万屋の家族の絆は美しい。

火ノ丸相撲
……火ノ丸じゃなくても泣くからこんなの。失われた夢に再度火も灯ったし、これで燃えるなという方が無理。素晴らしい仲間がいる部活漫画、本当に最高。

ゆらぎ荘の幽奈さん
主人公くんはどこまでもカッコイイな!この漫画の成功はこの主人公くんがホントにイイ奴であるってことが大きいと思う。

HUNTER×HUNTER
ヒソカって意外に親切だよな。彼が解説してくれなきゃこの戦い、全く意味が分からないもの(笑)。それに最後のページではヒソカの驚いたようなシリアス顔も見られた。ヒソカファンにはサービスシーン満載の展開かもしれん。勝ってくれなきゃ台無しだけど(しつこい)。そして本音は、早く暗黒大陸編に戻ってもらいたい。

斉木楠雄の屮難
いい話でしたね。最後のあれって、楠雄パパもママと同じくらい楠雄に愛情あるってオチでしょ?素晴らしいオチだな。

ワールドトリガー
これを読んだ当時は、早く遊真&修vs香取ちゃんの対決が見たかったから、ここで回想入れられて対決が1コマたりとも進んでいなかったことに多少なりがっかりしたのですが……、改めて読み直すとまた印象が変わりますな。この回想はこのタイミングで入ったから良かったかなと。
香取ちゃんはあんな善人でまっすぐなご両親から愛情たっぷりに育てられて、何で最初っからあの性格なんだよと思った(笑)…けど、この話でよくよく分かったのは、香取ちゃんの性格はとりあえず横に置いておいて、彼女は華ちゃんのことが大好きであり、華ちゃんもまた香取ちゃんのことが大好きなんだなってこと。完全な両想いだろコレ。ろっくんとか入る隙間皆無じゃん。かといって、この2人は他の女子友達もそんな作れそうもないから、とりあえず奴隷になりそうな男2人をチームに雇い入れたって感じなんだろうな(ひどい言い草)。でも正味、2人の間に流れる不器用な絆に百合展開を妄想するなという方が無茶じゃないか?もし香取隊に可愛くって華ちゃん大好きな女の子隊員なんかが加入した日にゃ、香取ちゃんの精神状態はますます悪化して、ホントどうなるか分からんぞ。
はい、そろそろ黙りますね。
それにしても、いざ克明に、あの大規模侵攻によって町が壊滅し、たくさんの人々が亡くなったことを描写されるときついですね…。ヒュースが三雲隊に加入って…これまたどんな非国民扱いされることか。それって現代社会においてもありがちなことだけど、玉狛支部みたいに、近界人にもいい奴いるから仲良くしようぜって主義は、私ももちろんそっち寄りだけど、実際に向こう側の人間に家族殺された遺族の前でそれ言えるかというと躊躇いが…。全く加害者と無関係な向こう側の人間もいるのだから、そういう躊躇い自体も間違っているとは思いますけどね。理屈じゃないんですよね、こういうのって。でもヒュースはちゃんと認められて三雲隊に入って、ご主人様の所へ帰してあげたいけどね。
どうでもいいけど、今号最終ページの香取ちゃん、修たちを見て「自分たちが主役みたいな顔しちゃって」ってセリフ、「だって主役だもん」って突っ込んだ読者どれくらいいるのかな(笑)。いろいろな意味で香取ちゃん、負けるなって感じですかね。

トリコ
今の今までトリコ読み忘れていることに気づいてなかった。感想書こうかなって思ってページ開いたら、どう見ても未読だぞこれってページばかりだったから、あー読んでなかったのかと(笑)。
そして感想はというと……相変わらず気持ち悪い絵としか言いようがありません(爆)。しかしそれこそがトリコなのでしょう。もう少し受け入れる気持ちを持ってみます。現時点ではあのカエルもどきがどう調理されようが、全く食べたいとは露程も感じませんが、もしもラストシーンで小松やトリコの調理(力)によってあのカエルがめっちゃおいしそうに描写されたら……これまでの数々の非礼を詫びようと思います(笑)。

背すじをピン!と~鹿高競技ダンス部へようこそ~
ゾノきゅんもいいキャラしてるな。この漫画、ホント憎めないキャラばっかりだ。

こちら葛飾区亀有公園前派出所
ごめん、私も「ラジコン刑事」の元ネタ分からない。
でも雰囲気で、何となく面白そうなネタ使ったんだなってことは伝わった(笑)。

BLEACH
なんか最初は嫌だなと感じた日番谷隊長の大人姿、こうして見ていくとカッコイイな(まんまと・笑)。

磯部磯兵衛物語~浮世はつらいよ~
…何この掲載順、この磯部より後の2作って一体。つか、ものの歩は単に原稿提出がギリギリでこうなっただけだよね!?
それにしても磯兵衛のこの大会編、はよ終わらんかな…本気で面白くないんですけど(笑)。

ものの歩
思っていたほど信歩パパがクズじゃなかった。まぁここでゴタゴタ妨害されても話進まないしね。
てゆーか、今話で1番ウケたのは、みんなで「お願いします!」とかって頭下げているシーンで、みなとちゃんがあんな変なカッコで遅ればせながら頭下げてるっぽい絵ヅラが…すんごい後からじわじわきた(笑)。マフィア先生より、あの子こそあんな姿で現れて勝手に家にあがりこんできて「何者!?」って感じだよ(笑)。好きだけど。

ニセコイ
この漫画も途中から読み始めたからBLEACH同様よく分かっていないところも多いけど、あのクロードって千棘のお付き(?)の男は、本当に洒落でなく言動が気持ち悪い。違っていたら申し訳ないけど、お前が千棘ちゃんを好きだから、楽に惚れちゃった彼女に「ぐああぁー(苦悶)!」ってなっちゃって楽を逆恨みしているだけだよね…?男子高校生にいい歳した成人男性がヤキモチ妬いているわけだよね…?としか思えず(汗)。だとしたらNGレベルが天井を突き抜けているもいいところなのですが。クロードさん、もしこれが私の誤解ならごめんなさいね。
ところで、ヒロインの女の子たちは皆それぞれ鍵を持っているようだけど、楽が持っている錠に合う鍵は1つしかないわけで、後は全部ダミーってことか…?それを持たせた意味とは一体??知らずにそんなもん持たされ続けてきた複数人のヒロインには残酷極まりない話だが…?

今号はここまで。うーん、ちょっと長めになりましたが、これでもいつもよりは3ページほど短いです(笑)。さて今週号はいつ更新できるか…。

スポンサーサイト

テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

minori

Author:minori
minoriです。
主にジャンプ作品の感想をつぶやきます。
時々気まぐれで他ジャンルもつぶやくかも?

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
参加しています

FC2Blog Ranking

こちらにも参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR