少年ジャンプ36・37合併号ネタバレ感想一気書き

遅くなりましたが、合併号の感想です。
…その前にちょっとしたネタバレするのですけど…大丈夫ですか。ええ『進撃の巨人』の最新刊についてです。
はぁ~。何かまともに2回目を読むことができません。
進撃の巨人は完全単行本派で、あの何話分か収録してある1冊を一気読みするわけですが、毎度衝撃が半端ない…。そして今巻は特にそう。目が離せなかった。もう釘づけとはまさにこのことです。しかしショックのあまり2回目はなかなか読めずで。リヴァイ兵長の鬼神の如き戦いのところだけは2回読んだけど(>_<)。
何にしろ、私はあの漫画では、断トツにエルヴィン団長のファンなもので…。きついっすわ。その他にも好きなキャラいっぱいいるけど、今回は…ねえ、もうとにかく壮絶でしたからね。また、この続きを12月まで読めないとか拷問か。いやしかし、暫しクールダウンして落ち着いていた方がいいかもしれん!とも思うし。
とりあえずいろいろなことの覚悟だけしておきます…。

そんなこんなで、ネタバレしたんだかしていないんだか分からない嘆き節を呟いたところで、本題のジャンプ感想行きたいと思います。合併号だから来週はジャンプないんですね。さびしーっ。



ONE PIECE
Leaveを選んだら、フツーに出国してもOKなの?もしもそっちを選んだら、それこそソッコーで殺される運命な気配を感じたのですが…?ジンベエ親分の時もそう思ったんだよな、ビッグマムは、お前が何かを失うなら一味を抜けてもいい的な話をしていたけど、ホントかよ?って。それが本当なら、ある意味では、「ケジメをつけたとしても結局死ぬまで解放しないって悪徳ヤクザ」みたいな集団よりはマシに思えます(あくまでもマシってだけですが)。……しかし1か月の寿命ってのも痛いよなぁ。それだけ新世界が生きていくのに大変ということなんですかね。
それにしても、ルフィとナミのやりとり、好き。一味の中で特に好きな組み合わせかもしれません。ルフィとウソップとか、ウソップとチョッパーの組み合わせも好きだけど。何かルフィとナミのやりとりは凄く「家族」って感じがするのですよ。うん、「仲間」というよりは「家族」かな。どのみち麦わらの一味って「仲間」よりは「家族」というキーワードの方がしっくりくると思っていたけど(ルフィは違うって言いそうだけど。家族はエースとサボ、じいちゃんだろうから)。映画SWの時は「これってルフィとナミの間にカップルフラグ立てようとしているのか?」って感じたのですが、やっぱりカップルっていうよりは家族かな。

僕のヒーローアカデミア
諦めていたお茶子ちゃんのデクへの矢印エピソード、戻ってきた!エライ!やはりこれは必要だった。周りの女子たち(つーか芦戸ちゃん?)もソッコー候補をデクか飯田くんに絞っているところが鋭い。これ、もっと掘り下げてくれるんかな、何かすぐ終わっちゃったけど。ライバル校の登場など忙しいことになっているけど、本音、血だらけ熱血ライバルくんより、お茶子ちゃんの葛藤がもっと見たい。

ハイキュー!!
いいねー!日向のナイスアドバイスにより、壁にぶち当たったノッポ君も光明を見出す。こういう展開、好きだわー。みんなが主人公に影響されて良い方に変化していくって過程は見ていて気持ちイイです。

ニセコイ
あれっ。こんな前の方だった。
連載、お疲れ様でした。何というか、定番っぽい終わり方だった気がします。本当にこんな感じで終わらせたんですねって感じもありましたが、今さら驚くところも然程はなく…。
あ!凄く驚いたし、良かったなと思ったところもありました!マリーが楽をきっぱりと諦めていたこと!これは良かった(笑)!だってマリーって、フラれた当初も、病気を治した後、またガンガンアタックしますとか言っていませんでした?もういいよ、マリーならよっぽど良い人と巡り合えるのだから、楽はもうやめておけ…という感じだったので、いやにサバサバとして、新しい恋を求めて見合いしまくるってその後は良かったと思います。
しかも、その最後の見合い相手となるであろう相手が、誰あろう、あの千葉県のYさんとは!!
これには誇張でも何でもなく、いっそ感動すら覚えました…(笑)。ファンサービスってこういうことだと思う。ニセコイって、私自身はそんなに熱を持って読んでいたわけではないですが、そんな傍観者でさえ、この漫画が本当に熱心で優しい読者に見守られ、育ててもらって大きくなれた作品だというのは感じていたので…。最後にこうして、読者参加型企画の中で有名になったファンの方をポンと最終話に出してきた(しかも超重要な立ち位置・笑)っていうのは、この作者さんが読者を意識した作品作りをしていたのか…と思わせるには十分なエピソードでした。まぁYさんなんて、私財を投げ打ってマリーをのし上げてやるぜってな「見返りを求めぬ愛」の体現者だから、あれくらいはやってOKというか当然という気すらする。基本的には、読者を漫画の中に入れるってどうなんだ?って思う派なんですけど、ニセコイはやって良かったし、むしろやるべき作品だと思うので…。
何にしろおめでとう。マリーとYさんの今後の恋の行方の方がよっぽど気になるわ…あのメインの2人より(爆)。
で、そのメインの2人ですけど。別にヤクザと公務員両立しようが、修行して数年で名のある(?)ファッションデザイナーになっていようが、それはどうでもいいのですが…。「ザクシャインラブ」とか言って微笑み合うのだけはやめて欲しかった…(汗)。ちょっと居た堪れなさマックスでコマを直視できなかった。しかもこのカップル、恐ろしいことをいやに淡々と述べていましたけど、昔からずーっと持っていたあの鍵と錠は、あの思い出の場所に埋めた…だと…!?しかも3人で決めて…?
……どこまで恐ろしい展開にするんだと冷や汗ものですわ。ちょっともう無感情になりながらするーっと読み進めて終わっておきましたけども。でもさ、楽って「性格イイ」設定の主人公なんでしょ(汗)?ひたすら怖いんですけど、あれをまるで何てことないように言っちゃう&やっちゃう精神が…。
そんで、新しい錠と鍵用意して「ザクシャ~」…じゃね~よ(大汗)。
周りの登場キャラも大概でしたわ。まともだったのは楽をすっぱり見切って見合いしていたマリーぐらいだ。これまた特に腹立ったのは同棲していた眼鏡カップルだな。教師と翻訳の仕事で生活きついだぁ?その割に随分といい部屋に住んでいるように見えたけれど?
つか、とってつけたように春ちゃんが、「お姉ちゃんも幸せそうだし」って付け加えたの、絶対やっつけ仕事だよね。とりあえず小野寺ちゃんも今は幸せですから「大丈夫ですよ」って読者に言い訳したかっただけでしょ。どう幸せなのか、じゃあ描いてくれよ。何であいつらのウエディングケーキ作っているところで終わりなんだよ。小野寺ちゃんには彼氏できているわけ?楽より数段素敵な男つかまえてんでしょうね??これはファンの中でも賛否あるでしょうが、私は小野寺ちゃんに絶対無敵の彼氏がいるって匂わせるでも何でもして終わって欲しかった。そんなんなるわけないのは分かっていますけども(だって作者さんが狙っている「永遠の悲劇のヒロイン伝説」を打ち立てる為には、新しい男なんていちゃダメだから…毒)。
よそ様サイトで、数年間付き合っていてキスもまだだったとかあり得ないというツッコミ見て笑いましたけど、この作品、最早ありえないことだらけだから(実際ヤクザと公務員の兼務にもふふ…と笑いが漏れた)、もうあの時点では「そうですか…初めてでしたか…」と思っただけで終わりました。いやむしろ美しいラストだったのでは?きっと小野寺ちゃんを傷つけたことに対する、彼らなりに決めた、自分たちへの罰だったんだ。小野寺ちゃんが幸せになるまでは自分たちもキスしないでいようねって我慢してたんじゃない?そうだ、そうに違いない!
……と、最後は半ば無理やりな感じでイイ風に解釈してこの感想文を締めたいと思います。
思えば、ジャンプ買い始めてこの作品を読み始めた当初は、「あ~早く終わらないかなこの漫画(退屈だ…)」とか暴言を吐いていたので、それに比べたら怒涛の展開で最後は随分と楽しませてもらいました。長きに渡っての連載、お疲れ様でした。そして、ありがとうございました(礼)。

ブラッククローバー
ヤミ団長大好き過ぎる暴牛の皆さんを私が好き過ぎる。つか、団長はみんなのお父さん(笑)?
はぁ~。そして懐かれることに照れる団長。どんだけ愛しいの、この人たちの関係。
そして出た!久々のネロ!可愛い~好きだ~。見事に魔石も探してきてくれました。このエピソードで、以前の村で手に入れた石も魔石だと気づくかと思ったけど、全く触れられもしなかった。これから出てくるかな。
あと、カホノとキアトの兄妹は、また怪我を治してノエルを助けに来て欲しいな…。今回は活躍する場面があまりなかったけど(兄が)、力をつけて帰ってきたって設定でぜひ。彼らのお父上なんて海底神殿で一番強いはずなのに、全然出てもこなかったじゃんその後(汗)。大丈夫なの??まぁページ上の問題だとは思うけど。
ところで、ヤミ団長に脅されながら、「はいっ!バカっす!」って答えるアスタは実にイイ奴である。次回の展開も楽しみ!

銀魂
笑った(笑)。さすが銀魂って感じ。厠イメージが頭から離れない。

約束のネバーランド
静かに淡々と恐怖が迫ってくる感じが良い。ママが森で迷子になった子どもをあっという間に連れてくるシーン、ノーマン同様ゾクッときました。しかもこれみよがしに発信器を見せつける余裕。でもこれで余計に、ママがスゴイ悪役って感じじゃない気もしてきた。「つまらない抵抗はやめなさい、苦しめて殺したくないの」とでも言っているような…。ママが人間で、外の世界を牛耳っているのがホントに「鬼」という異種生物なら、ママは本物の家族をそいつらに人質にとられて、それでやむなくあの「養人場」を担わされているとも考えられないかな。…って、何とかママが人間の赤い血が流れている設定で考えようとしているんだけど。ただ逃げるだけなら、前回も書いたけど、本当にママがただの悪人鬼であった方が良いのだよね(未練を断ち切れるし)。
それにしても昨日の今日でよくああやって笑えたな。あの2人、かなりメンタル強いわ。

ゆらぎ荘の幽奈さん
…ただひたすら、コガラシさんが男前。どんだけ周囲の好感度上げたら気が済むのでしょうか。コガラシ株はまさに天井知らずでございます。折しも似たような(?)ハーレム漫画があのような形で締められただけに、余計今回のお話は際立ちました。

火ノ丸相撲
鳥取チームの強さをチラ見せ!やっぱり他の選手も只者ではなかった。ダチ校面子もそうだから、団体戦は火ノ丸たちの再マッチアップだけでなく、他選手たちとの凌ぎを削る戦いにも大注目ですな。
しかし今1番観たいのはそのリベンジ戦よりも、実は久世と天王寺の一騎打ちだったりします…。どっちも負ける図が思い浮かばん。気持ち的には、天王寺に勝って欲しいけど。

BORUTO
タイトルが「クソオヤジ…!」なんですが、何故「クソボルト…!」にしないのかと素で不思議がる読者がここに(爆)。ヲイお前は何を喜んで勝者のポーズ取ってんだよ。サスケがわざわざ修行してあげているのに、ずっこいことして勝って喜ぶな。科学忍術が全面的に悪いとは思わないけど、個人的には、ああいう場は、己の修行の成果を見せる所って認識なので、相手が素手で戦っているのにコソコソ隠し武器持って戦っているようにしか見えないので、ただひたすら「ボルトせこい」「弱い」としか思えない。ホントこれ、一体いつまでこんなダメ主人公を見続けないといけないのですかね。もう主役はナルトだと思って見たらいいのか。いやもう最初からそんな感じで読んでいるけど、ナルト死にそうだしなぁ(汗)。いやまさか。いくら別作品とは言え、ナルト殺す展開はないよね?ないと信じたいが…。

斉木楠雄の屮難
海藤ってホント憎めない奴だわ。わかる。秘密基地っていいよね。私もよく作ったよ、幼稚園の時とかに(爆)。いや、ギリ小学生の時も作ったことあった気するし、そもそも今だって「秘密」の基地にロマンを感じることはできます。このクソ暑い時にゴミ集めてわざわざサウナ作ろうとは思わんけども。ただ、海藤みたいのが近くにいたら楽しいだろうなとは思う、うん。連中も、だから何だかんだで付き合っているのだろうし。友情っていいね。

BLEACH
うおぉ…平和な時が流れて10年て。日番谷隊長は何でずっと幼い姿なの?(そこ?)
まあもう終わらせなきゃってことで、閣下もあのようにあっさり負けねばならなかったってことで…。まさかホントに倒されていたとは、今号の展開で軽く衝撃でしたけど。某星矢みたいに戦っても戦ってもまだ終わらねえ!みたいなことにならなくて良かったのかなとも思います(星矢なんて本誌では打ち切りで、単行本で補完したものね)。
しかし藍染さんは結局どうなったのでしょうか。ちゃんと最終話で扱ってくれるんですよね?最早一護様のその後より気になるのですけど!!←

食戟のソーマ
珍しい組み合わせで各々観光するのかと思いきや、あっという間に終わってしまった…。
にくみちゃんはソーマについて行くのじゃなく、えりな「様」の方にいるとは…彼女の方が優先順位上なんだ(笑)。にくみちゃん、本当にいい子。もうちょっとえりな様の悔恨が欲しかったけど、全くの皆無よりは、この引っかかりについて拾ってもらえたことは良かった。

ワールドトリガー
もう本当に面白い…!怒涛の展開でいきなり海くんがベイルアウト!これは意外…だったけど、そうか、こういう先走りキャラって感じは前フリの時からあったし、納得。さらにさらに、どんどこいろいろ削られる人々。遊真もいきなり損傷!生駒隊長~!何でやねん、あんた十分かっこええやんけ!どこが、「4人じゃなくなったら、もうただ隠岐が女子にモテるだけのチーム」なん??そりゃ水上さんも「何でやねん」って突っ込むわ。あんたも十分モテ要素あるだろっての。生駒旋空、ぶち抜きでエライ見せ場。さすが常にカメラ目線な男だわ~。
まぁでも、ちゃんと「全然モテませんから」って声入れる隠岐くんも相当だけど。何なの?いかにもモテる男の謙遜なんですけど!このイケメンがあ!!(好きだ)
というわけで、今号はお茶目な海くんも含めて、生駒隊の魅力がガンガンに出ていたのですけど、もちろん、王子隊も負けてはいない!何すか、蔵内隊員の「サラマンダー」って!そんな技名言いながらあんなもん放つ王子の配下も相当エグイ。すでに王子の配下呼ばわりですが…いやだって、蔵っちって王子の従順な従者にしか見えないんだもんよ。カシオもいい所の出ながら、王子の親衛隊になりたくて王宮に入った新兵って感じ。妄想爆発王子隊です(自分でも何を言っているのかよく分かりません)。
それにしても、王子がオッサムと似た者同士とは…新しい視点です。王子の方が遥かに軽くさくさく考えを生み出しているように見えるけど…。オッサムも、確かにいつも冷や汗はかいているけど、判断は早い方だよね。すぐに切り替えられるし。あぁ~物陰に隠れたオッサムが、これからどのような形であの場を搔き回すのか!?楽しみしかないワートリランク戦です!!

こちら葛飾区亀有公園前派出所
あの幼児体型の春ちゃんとやらも、個人的には全く笑える要素がなく、ヤクザ女房と同等に嫌いなキャラクターです。ちなみにあの子、まっとうな虎ファンには迷惑極まりない存在じゃないの?いいのかあれで?とにかく自分勝手なイタキャラにしか見えないっす。まぁ自分が好感持てないからって万人もそうかというと決してそんなことはないわけで…。ただ私は面白くないと思うのみです。中川のはっちゃけ具合もどうでもいい。

鬼滅の刃
ぜぜぜ善逸~(泣)!必死にねずこちゃんを守る姿に感嘆しました。見直したなんてものじゃない。これは一気に、ねずこちゃんのボーイフレンド候補第一号だ!お兄ちゃんがそれを許すかは分からないし、多分、ねずこちゃん的には、普段へたれな善逸は、当然庇護対象で、弟くらいにしか見てもらえないのだろうけれど。早く善逸が箱の中のねずこちゃんを見て一目惚れするシーンが見たい。それがあると信じて疑っていない。
だからさっさと、あの不気味なイノシシ男倒してくれ。折れている炭治郎だけど、スゴイところは十二分に先ほどの戦いで魅せてもらいましたし(そして相変わらずの優しさも…)、炭治郎の一撃でひとつ。よろしくお願い致します。

左門くんはサモナー
今号は今イチ。クズ君はいつの間にやらいろいろ察しの良い男みたいになっているけど(しかも料理上手とかどういうポジションだ)、違うだろ?主人公の左門くん共々クズでカスなんでしょ?小鳥ちゃんとてっしーとの三角関係、それを見守る本当の女房(クズ)なんて展開、ぶっちゃけどうでもいいんですけど(ひどい言い草)。
今号で良かったのは、冒頭で「手羽プないん?」と物欲しげな顔していたてっしーの悪魔の表情だけだな。

背すじをピン!と~鹿高競技ダンス部へようこそ~
もしかして通るかな!?と思ったけど、やはりそこは厚い壁でしたね。でもクイック5点って凄いのでは!?
こうなると、後は宮大工&柏組を俄然応援したいのですが…金龍院&神宮寺ペアも捨て難い…って、ヲイそこじゃないだろって突っ込みは承知しております。でも、ペアとして面白いし魅力があるのは、やっぱりこの2組かな~。

たくあんとバツの日常閻魔帳
フツーに面白かったと思います。ただ前にも似たようなこと書いたかもですが、ジャンプを買ってすぐに読みたい!ってなる立ち位置の作品ではないのです。読めば「結構面白かった」ってなるんだけど、毎週凄く楽しみ!ってわけではない。うーん、何が足りないんだろう。自分でもうまく説明できないのですが、有り体に言えば、この、キャラとしては嫌いになりようもない(むしろ可愛い)たくバツコンビの行方がそんなに気にならない。この2人、これからどうなるんだろう!?というワクワク感や、この先大丈夫かな!?心配だ~(汗)…みたいな不安もない。そういうところですかね……この何となくの物足りなさは。

トリコ
先週出た三虎はどうなったのだ…。ニセコイ、BLEACHと終わるから、トリコはまだちょっと続くんかなぁ。

磯部磯兵衛物語~浮世はつらいよ~
大名編長ぇ…(汗)。作者と編集は2人シムシティプレイで楽しいのかもしれないけど、ここにこのシリーズ全くノれていない読者がいるですよ…。ウケいいのかなぁ、謎過ぎる。

今週はここまで。…先週、拍手押して下さった方、ありがとうございました。
こんな好き勝手書いている感想ブログですが、今後ともよろしくお願いします^^
スポンサーサイト

テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

minori

Author:minori
minoriです。
主にジャンプ作品の感想をつぶやきます。
時々気まぐれで他ジャンルもつぶやくかも?

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
参加しています

FC2Blog Ranking

こちらにも参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR