少年ジャンプ39号ネタバレ感想一気書き

もう土曜日になってしまいました。ジャンプは月曜日に読み終わるけど、感想はなかなか書き終わりません。これ大体1日に5作品ずつくらい感想かいて、3日くらいかかったのかな。お陰で、後から書いたやつほど、「あれ?今週ってどんな話だっけ?」と思ってしまったり。変な感想文になっていたら、多分それが後から書いたやつです(どれだ)。

それにしても、最近はあまりに忙しくて、本屋にも全然行けていません。新刊出たのに買えていないのもちらほら…そうこうしているうちに9月になり、ワートリの新刊も発売されました。今号はヒュースと陽太郎!この2人の先輩後輩関係、たまらなく良いです!
それにしても前から思っていたのですが、陽太郎って林藤支部長の息子なのですかね?一度もそういった説明はないけど、当然のように支部に居付いているし、確か苗字も一緒ですよね?けど、どうにも支部長が父親って感じがしない。甥っ子って線が濃厚か、或いは、盟友の養子かとすら疑っている。支部長に奥さんがいるなら、偶に支部に来てご飯作りに来てくれそうなものなのにいないし。うーむ、謎めいている林藤家(大げさ)。

そんな余談はさておき、早速いきます、今週は簡易感想となります。また、今号は掲載順が先週のものと同じになっています。なんか違和感かも…すみません。
そんなんでも別に構わん、ネタバレもオールOKな方は、「続きを読む」からお願いします。



レッドスプライト
新連載。
今さっきふと思ったことなのですが、「NARUTO」のナルトは、イルカ先生が死ななくて本当に良かったなぁ~って。いくら自分を唯一認めてくれた人(先生)がいたんだっていう温かい記憶が心に残ったとしても、あそこ(第1話)で自分庇って殺されたとかだったら、ナルトにはかなりきついことになっていたと思うし。勿論、カカシ班が結成されて、そこで新たな絆が生まれて、仲間も増えて、ナルトの世界はどんどん広がっていったけど、でもやっぱり任務を終えてふと帰りたくなる場所は、イルカ先生の傍に他ならない。イルカ先生と共に食べる一楽のラーメンが、どれだけナルトのさみしい心を支えてくれたことか…。父親ではないけど、兄貴でもないけど、でも、ナルトにとってイルカ先生って凄く大事な「家族」ですよね。
そんなこんなで、この主人公タツ君の場合は、第1話にして早々仲間たちとはバラバラにされた上、大好きな先生も自分庇って死んでしまい、きついなんてもんじゃない始まり…。
あの幼さでどうやってどこで血のにじむような特訓をしてデカイ戦艦手に入れて敵(国家)に挑むまでになったのか、まあ先生を助けてくれたという仲間のレジスタンスがいるのだろうけど、何にしろタツ君の境遇の凄まじさたるや。この作者さん、「アイアンナイト」の時も相当少年少女に残酷な世界を見せつけていたけど、こういう色合いの作品が売りなんだろうな。ひと昔前で言うと、タイガーマスクとかデビルマンみたいな?(違)
いや仄かなダークヒーローものとかが好きそうだなあと。あと、革命とか反撃とかって言葉が好きなんだろうな。私も嫌いじゃないです。でかい敵、圧倒的強者に挑む不遇な者たち。良い設定です。
この暗さがどこまでジャンプ読者に好まれるかは未知数だけど、応援します。とりあえず、早いところタツと行動を共にできる頼もしい仲間が1人は欲しいですね。

ラブラッシュ!
素晴らしいです、2話目できちんと告白成功!幼馴染ちゃんもほんのり頬を染めつつ意識バリバリしてくれた。
天使ちゃんがこれからどう巻き返すのかってところですが、これだけ2人の恋人成立率99%を見せつけられると、モブの異種族ちゃん達含め、そんな猛アタックしても邪魔にしか思えないんじゃないかと心配。
ところでラブコメって、ストーリーの最初に告白する展開はレアなんですかね?少女漫画だとどうなんだろう?少女漫画もそんなに数読んでいるわけじゃないから何とも言えないですけど、今回の「ラブラッシュ!」を読んで唐突に思い出したのが「いたずらなkiss」です。確かあの漫画、第1話で主人公ちゃん(女子高生)が片想いの男の子にラブレター渡しながら告白するんだけど、ソッコーで「(ラブレターなんか)いらない」って言われてフラれる。でも話はここからが本番で、主人公ちゃんはひたすら、片想いの相手に猛烈アタックをし続け、振り向いてくれるまでドタバタしつつも、ひたむきな努力を重ねる。その姿がとても健気で可愛い!ラブラッシュの場合は主人公が少年だけど、要は今作の本番もこれからで、相手に想いは伝えた、次はさらにその「好き」がどれほどのものなのかをアピールしまくり、「(あなたが好きか)分からない」というヒロインちゃんの現況を「私も好き」と言わせるまで、主人公がいかに奮闘するかってことが核になるのではないかと。
まぁこの作品の場合、「いたずらな~」よりは遥かにアドバンテージありますが。変な話、来週両想いになって最終回を迎えたとしても違和感はない。

ハイキュー!!
表紙が素晴らしかった。マネさん達可愛すぎる。

ONE PIECE
うーん、特に感想はないかな…。今、金曜日で、感想を書こうと話を思い出そうとして、あんまり印象に残っていないことに愕然。
あ!そうだ、思い出した、最悪の世代の元ルーキーたちの話題が出たんだったね。そこだけは「おぉ!?」って思ったけど。そういや、血だらけで牢屋みたいなところに入れられていたキッドはあれからどうなったのだろうか。キッドは絶対あれで終わる男ではないだろうから、ここからどういうリベンジが来るのか、それは楽しみ。同盟組んだアプーらが助けるのか、キラーが来るのか、或いはルフィ&ロー同盟で救出するのか!?←絶対ない
…しかし実際、シャボンティで共闘したこの3人はまた必ず会いまみえる時が来るだろうから、助けに行くシチュエーションがあっても、私的には全然良いよ?などと思っていたり。
そんなんなったら、キッドは助けを拒むだろうけど(笑)。

火ノ丸相撲
ま、まさかとは思うけど、この2人の戦い、じっくり描いてくれないとか…ないよね?いつもは闘う両者の心理描写がとても細かくて、ホントにどっちが勝つか分からない読み合い合戦&迫力ある試合を魅せてくれるけれど…今回は火ノ丸中心に周囲の描写が多かったので、この2人の世界観はあまり詳しくやらないのかな?とちょい不安に…。
火ノ丸がまた一段強くなるって説明も必要かもだけど、とりあえずはこの無敗2人の勝負をじっくりやって欲しい。
ま、まあ次回からが本番なのかな!

約束のネバーランド
ホント…ノーマンは死にフラグが激しく出まくっていると思うのね…。
このように主人公の女の子を一途に想い、尽くしてくれるタイプの男子は、決して結ばれる相手にはならず、途中で何らかの悲劇的エピソードによりいなくなるという展開になる率が非常に高い気がしております。
大人になったら、エマはレイと結ばれる…そんな未来図が容易に想像できます(気が早すぎ)。いやだって!確かにこの子らはまだ子どもだし、こんな状況では恋愛どーのなどと考える余地もないだろうけれど、今回、ノーマンはエマを「好きだから」とはっきり口にしている。こういう風に、一方が一方に矢印というのを明確にされると、この「男2人、女1人」という関係は、例え男2人の間に友情があっても、最終的にはこの1人の女子を取り合うことによって微妙な間柄になるか、どちらかが何らかの形で脱落するかして円満解決…と、相場が決まっているのである(偏見)。
しかしホント、全員で逃げるって決断は、ママを拘束するかしないと無理じゃないかね?子ども3人でママを抑えられるのか…。事情を知らない子ども達は、そんなん見たらエマ達の方に反発しそうだし(汗)。

僕のヒーローアカデミア
うーん、士傑のキャラをクローズアップするのはいいけど、個人的には、デクの活躍がはよ観たい。

ブラッククローバー
ユノの相棒になっている妖精ちゃんが、見事なまでにユノに惚れまくっているのが可愛い。いざユノに彼女ができそうになったり、男友達であっても、ユノに近しい存在(アスタ)がいると知ったら嫉妬しまくりそう。楽しい。
そういう意味では、本当はあまり出張って欲しくないけど(だってもう戦い過ぎでしょ・汗)、アスタとチャーミーが現地直行ってのは良い展開かもしれない。アスタはユノの親友だし、チャーミーは恋人候補(?)だし。
なんか、ダイアモンドさんとの戦いなんてどうでもいいから、偶にはそっち系のゆる~いギャグ回などやってもらいたい。重ねて言うが、アスタにはこれ以上出張って戦って欲しくはない。せめて腕が治るまではおとなしくしていて欲しい。……それ無理なのがアスタって気もするけど。

ワールドトリガー
お、修がチカちゃんアシストで点取ってる…!遊真いないのに頑張ってる!すげえ!
…と、何気にこの称賛は、いかにも修=弱いキャラを強調することになってしまっていますが、まぁ事実弱いわけだし。なのにこの活躍。修のこの成長は唯我先輩のお陰でもあると思うな~何だかんだ言って。だって実践練習に1番付き合ってくれたのは唯我先輩でしょ?あ、とりまる先輩の方が多いのかな、どうかな?
勿論、1番の殊勲者は修の将来の嫁ですが。え、誰って、木虎ちゃんのことですが何か。私の中で修の将来の嫁は彼女しかいない。これ以上ないベストカップルである。チカちゃんはやっぱし妹ポジだと思うんですよね。かといって、遊真とチカちゃんがカップルかというと、こっちは完全にお友達にしか見えない。チカちゃんにはやっぱり絵馬くんかな!
ところで、チカちゃんジャンプは私も騙されました。カシオは悪くない。あんな高度な騙し技をいつの間に覚えたのでしょうか?チカちゃんが自分で考えたの?だとしたらたまげるのですが…。
何にしろ、次の相手は遂に王子様だよ。もうすでに次回予告の動画も観てしまったのですが…勝てる気がしねえぇ~。遊真は生駒隊に囲まれているし、2人で乗り切るしかないわけだけど。どうなるんだ~。
しかしそれとは別に、王子は堂々と修の前であのイタイあだ名を呼んでいますけど、全然オープンなのですね。修が「えっ(汗)?」って反応するところが見たいけど、多分それどころではないでしょう(笑)。

こちら葛飾区亀有公園前派出所
中川のお父さんってこれまでそんな登場してこなかったんだ?でも何か覚えてるよ、あ~こんな人いたかもって。母親の方は記憶ゼロだったけど。
しかし何で中川があんなに動揺しているのかは謎だった。あんたも普段から結構無茶やってるじゃないってな感じで。今さら親父の身勝手さに振り回されて疲弊するキャラなんて違和感。中川財閥の力で何でもできるんだし、実際どんなオーダーにも応えられてたし。
しかしどんなにカネ儲けがうまくてリッチマンでも、一つどころに1時間も滞在できないなんて最早病気の域。一息つく間もなく、死ぬまで働き続けるんだろうな…怖っ。

鬼滅の刃
えぇ~!善逸とねずこちゃんとの運命的な出会いの回だと思っていたのに!善逸がねずこちゃんのことを「可愛い子」と認識してくれたところまでは想定内だけど、それが故に炭治郎との関係を勘ぐって発狂してしまうとは。せっかくのイイ奴キャラが台無しである。でもそれが善逸か(笑)。
意外と言えば、あのイノシシ男はこれから行動を共にするのかよ…。ちょっとあまりにイノシシ過ぎてついていけないんだが、炭治郎のボケ具合で恐ろしく均衡のとれたトリオになっているところが奇跡。もし今後一緒に旅とかするなら、もうちょいまともに育って欲しいとは思うけど…(笑)。
まぁでも、それよりも先に、早くねずこちゃんは炭治郎の妹ちゃんだと知るのだ、善逸!
あと妖怪おばあちゃん可愛い。←失礼

ゆらぎ荘の幽奈さん
褐色の幽霊さん、美人。
それにしても、幽奈さんはもう間違いなくコガラシ君大好きで恋してますな。早く自覚持ってもらいたいけど…そうなると、あのコガラシ君モテモテ状態はきついか。嫉妬し過ぎて疲れそう(笑)。でもコガラシ君は全っ然、どの女の子にもなびいてないがな(超人かよ)。

食戟のソーマ
熊肉ほうばった暫く後に「し~ん(汗)」みたくなるソーマが可愛かった。熊肉の味感想笑った。

左門くんはサモナー
ネビロス閣下が生き生きされていて(ある意味必死な形相だったけど)、そこだけ見ればとても素敵なお話でした。ヒキオタもライブの為に外出できるようになったし、てっしーがアイドルやめてしまうのは残念。週末アイドルでやってくれればいいのに、他の悪魔ちゃん達はノリノリでやりたがっているみたいだしさ(特にブーヤン…笑)。それもこれも、あのマネージャーの使い方がダメダメなせいだ。でもビジュアルは良い。←
左門くんに助けを求めて、それを左門くんが嬉しそうに了承する下りは……カス虫左門くんを推す側としては、「ちっ、何カッコつけてんだよ」と言いたい(とんだ言いがかり)。

背すじをピン!と~鹿高競技ダンス部へようこそ~
金龍院さん素敵~カッコイイ~顔がシュッとしてる~。
……気のせいか背も高くなっている。妖怪かもしれないこの人(笑)。
それにしてもこの漫画、ちょっとやばいかもしれないと思い始めてきました。読めばそれなりに楽しめるのですが、やはり動きのない漫画でダンス大会を延々とやるのには無理があるというか。絵ヅラがどうしても似通ってしまうので、どんなに展開に変化を作ったり、それぞれのキャラの心理を描いてみても、全体の印象が地味に感じるのです…。パラパラ読んでいる人には、特に「何か毎週同じじゃない?」という感じで、立ち止まって読もうと言う気を起こさせないかもしれません。
アンケが振るわないのも、固定ファン以外の新しい読者を獲得できないことが大きいかも。

たくあんとバツの日常閻魔帳
コーヒーデリバリーのマコちゃん、めっちゃ愛くるしいではないか。何気にお座りして引きこもり青年の愚痴ならぬ妄想聴いてあげたりしているし(笑)。こんなワンコが欲しい。

斉木楠雄の屮難
可愛い~。動物可愛い~。
動物園巡りできて私も満足です。少年グッジョブ!エランドって初めて見た~。最初卑屈で段々調子のってきて、最後には神対応するエランドめちゃ愛しかった。素敵!
殺戮妄想のうさぎさんですらキュートで堪らんかった。
願わくば、ちょっとおバカなゴリラさんに、今後ともフィリピン産バナナ偶にでいいから食べさせてあげて…。斉木王、お願い致しますわ。

銀魂
銀魂実写化ネタ、最高に面白かった。神楽ちゃん…(笑)。

トリコ
ふーん…という感想しかわかない。これ前回と全く一緒(笑)。

磯部磯兵衛物語~浮世はつらいよ~
久々に面白かったかも。磯兵衛が痛い目に遭って何よりである(ひどい)。


今週はここまで。いやに簡易感想になってしまいましたが、もう明後日にはジャンプが出ますからなあ。なかなか時間が取れないので悩ましいところです。

先週も拍手ありがとうございました!

スポンサーサイト

テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

minori

Author:minori
minoriです。
主にジャンプ作品の感想をつぶやきます。
時々気まぐれで他ジャンルもつぶやくかも?

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
参加しています

FC2Blog Ranking

こちらにも参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR