少年ジャンプ43号ネタバレ感想一気書き

はじめに…これは最新号ジャンプ44号の感想ではありません!43号です!!

と、書いておかないと間違えられてしまうくらい遅い更新になっております…。
正確には最新号感想なんですけどね。今日が日曜日で、明日が月曜日。44号は(一応)月曜日に出るものですから(しかし早売りジャンプって一体どこに存在しているんだ…。一度も見たことがありません)。
先週号は早くに感想をアップできたのに、ここ最近のバタバタ加減といったらありませんでした。お陰でジャンプもそれほど繰り返し読みができていない…!

あ、でも、「俺物語」の最終巻は買って読みました。最後の唐突感が凄かったけど(「距離とる(=別れる)」の経緯が突拍子なさ過ぎてぽかんとしてしまった・笑)、それ以外は本当に楽しめましたし、ほわほわさせてもらいました。そう、あの漫画は伊之助(鬼滅)の言うところの「ほわほわ」という表現が1番よく当てはまる!
しかし、いつの世も、漫画の最終回というのは寂しいものです(しんみり…)。

気を取り直して、ジャンプ43号の感想文いきます。
おっと、これは「両さんのないジャンプ」号でもありましたね。イカン、ここでも哀愁に晒されるのか…(笑)。
今号で笑かしてくれたりワクワクさせてくれた連載漫画はエラ過ぎる!

では、ネタバレOK、どんな感想でもどんとこいな方、「つづきを読む」からどうぞです。



銀魂
あとちょっと出番が遅れていたら、「そういえばいたよね」ってコメントが飛び出す勢いでしたよ…。絶対おかしいだろ、こんなになるまでどこで何してたんだ江戸のお巡りさん!来週号では絶対銀さんか神楽あたりから、お前ら何カッコつけて偉そうに登場してんの?俺らが散々苦労してきたのにオイシイとこ取りですか?そんなこと言える立場?とかってツッコミが入るに違いない(笑)。
でも出てきてくれて本当に嬉しい。主人公みたい(ヲイ)。
私は真撰組の中では近藤さんが好きです。

僕のヒーローアカデミア
ああ、デク達が最後じゃなかった。先週号でみんなの顔が描かれたから、クリア後の様子かと勘違いしていました。
まぁどっちみち全員通過したみたいだけど。
ヨーくんとやらは、実はヴィランなのか?ってくらいに人相が激変しているが、あの肉の人も大概悪役やっていたから(言っていることは割と正論に近い気もしたが)、ヒーローにもいろいろな人がいるってことですね。……しかし私は、やっぱりかっちゃんのことはあんまり好きになれませんわ。デクは懐が深過ぎるよね。私がかっちゃんを認める時が来るとしたら、本当にちゃんとヒーローとして働いているところを見られた時かなぁ。
そういう意味では、今度の救助課題ってのは楽しみですね。敵と戦うだけがヒーローではない!なんて、当たり前のことである。

ONE PIECE
サ、サ、サ、サンジ~(泣)!!!
……としか言えない。←短っ
いやしかし。もうそれしか言えなかった今号のワンピは…。みんなそれぞれきつい過去を背負っているけれど、サンジの過去編はオーナー・ゼフと乗り越えたあの熾烈な無人島での経験で最後なのかと思っていたもので…。まさかそれ以前の幼少期まで描いて頂けて、さらにそれがこんな凄惨な過去だとは。ううう辛い。何なの麦わらの一味。みんなどれだけハードな人生送ってるわけ。……ゾロもいつかこんな感じで、あの道場へ入る前とかの過去が凄いんだぜとかって語られたりするんだろうか。親友を突発的に失うっていうのも、私的にはもうすでにかなりハードだとは思っておりますが。
にしても、あのきょうだいども…。お姉さんだけ辛うじて、本当に辛うじて奴らよりはマシみたいな感じがするけど、とりあえず家族はクズ。母親はどうなったんだ~。サンジだけ人間とか言っているから、とりあえずそこだけは救いだが…他のきょうだいと血が繋がっているかも怪しい…つか、あのきょうだいは人間じゃないんでしょ?ああ、だから、「人情のかけらもない人でなし」なのか!?
何にしろ、こういう展開の時って大抵「次号は休載いたします」ってなるパターンだから、ちゃんと来週も載るみたいで良かった~。
ワートリとワンピが同時にないジャンプはさすがにきつ過ぎる……買うけれど。

斉木楠雄の屮難
何かイラッとくる表紙だな…笑。←ひどい
全く気が早い想像ですが、海藤が弟に愛想を尽かされる時がくるのを見るのは寂しいな。あいつはイタイけど、イイ奴ではあるからねぇ。

ブラッククローバー
金色の団長さんは、何でヤミが自分を疑っているって分かったのかな?その時点でもう凄まじく怪しいのですが、怪しい怪しいと序盤で言われまくったもんで、ここでちょっと「実は違うんだよ」って言うのをやったのは凄くうまかったと思う!未だ疑いは晴れていないけれども(ひどい・笑)。
直接的にこの人が悪くなくても、過去の凄惨な恨みで本人の預かり知らぬところで何かやらかしていることはありうる。二重人格とか。光魔法と世界樹魔法と属性が違うとか、いろいろヴァンジャンスさんはシロだよ!ってことは出てきているけど、幾らでもごまかせる気がするのである。
でもとりあえず、あの不気味なマスクが何の意味もないということは分かった(笑)。いやいや意味はありますね、団長さんにとっては、魔法帝から頂いたとても大事なマスクだったということで。そうか~。
でもこんなひどい差別を受けまくっていて、何で腹心ともなるべき副団長をあんな性格最悪な差別主義者にしているのか。実力至上主義とは言え、考えがなさすぎるでしょ。いろいろと釈然としません。
話全然違うけど、鱗粉を目にまかれて苦しむチャーミーが可愛すぎる。
あとダイヤモンド帝国だっけ?あそこの国って、マルスしかまともそうな将がいない。あの腹おもいっきし出してる奴なんか何なの?悪いけど、まともにモノ考えて動いているような感じしないよ。マルスの隣の奴も口裂け男な感じで不気味な笑顔を閃かせているし、絶対邪悪でしょ。そして、その唯一まともなはずのマルス君も、多分まだコミュ障抱えて悩みが尽きそうもないし。副将的なオジサン(名前忘れた)の苦労が慮られます。

約束のネバーランド
エマの演技が半端なくて怖い。ママの笑顔より、子ども達が平静としている方が怖い。普通は耐えられないと思うよ。
でも彼ら彼女らをそういう強靭な精神に育てたのは、ママなんだよなあ。ママが何を考えているのか本当に謎だ。
それにしても助っ人シスターの悪人顔たまらん。やり過ぎだろ(笑)。

食戟のソーマ
ふーんとしか言えない…。葉山というキャラにとことん興味がないからこの展開つらい。
で、男たちの風呂シーンは女性読者へのサービスのつもりなんですかね?需要があるのか激しく謎ではありますが…シリアスにならないよう緩急をつけている…のか…?(何)

ハイキュー!!
王様態度でけえ。先輩たちは懐が広いのう。
しかしある意味ふてぶてしいところもないと、選手は伸びていかないことも事実。これもチームの飛躍の一歩では……って、影山は別にそんなこと考えていないと思うけど(爆)。単にヤな奴にしか見えないこの展開、さて次はどうなることやら(しかし相変わらず熱を持っては読めない…)。

金未来杯エントリーNo.4
竹取憑き物語

好きな作品がジャンプにないのに、何でジャンプに来た…。
という反発がある時点で、何かもうすでに好感度が低いんですけど(笑)。
これまでの作品の中では、一番連載して欲しくない作品だったかなー。絵はうまいし、話もうまくまとまっていたし、メインキャラ2人の関係性もとても良かったと思うんですけどね。一言、好みじゃないとしか言いようがありません(元も子もない)。
ジャンプの画風(作風と言ってしまってもいいかも)じゃないというのは、多分ご本人も分かっているのではないでしょうか。あと赤ん坊が成長して可愛い女の子になる設定って、前に西尾維新の読み切りでやったじゃん。あれもどっかの国からやってきたって話だったと思うけど、あれはまだ星にやってきた経緯がこのお話ほど残酷でもなかったから、ほのぼのとした恋愛ものってことで追われて良かったけど…(ただ面白くはなかった)。
とにかく、1人暮らしの孤独を抱えた男が、ある日突然可愛い女の子を拾って同居するって設定がもう好きじゃない(笑)。言っておきますが、逆でも嫌です(女が男を拾う)。何ていうか…まぁ夢の設定なのかもしれないけれど、何というか、もう一捻りできないんだろうかと思ってしまう。何回もどっかで見た設定じゃないかと思ってしまうので。読み切りだから仕方がないと言えばそれまでですが…。
ヒロインの女の子は文句なく可愛いし、主人公も一途な感じで、両想い=ハピエンの終わりは、それは凄く良かったんですが、あの忌々しい敵がただ撤退したのは不満。明らかに連載への伏線じゃないすか…。あんな雑魚はとりあえず読み切りの雑魚としてぶっ飛ばして消滅させて終わらせてくれよ。別に大賞とって新たに仕切り直しする分には全然いいと思うんで、如何にもこれ続きがあるんだよって終わり方は、ちょっと読み切りとして読んでいる身としては不親切ではないかと感じました。別にあんな終わり方しなくても、続きが読みたい、このキャラたちのその後が知りたい!と思えば、読者は必然的についてくるわけですから。
しかし、いろいろいちゃもん書いてしまいましたが、レベルは高い。ヤンマガとかそこらへんに行ってやったら人気もそこそこ出るのでは?
ジャンプで受け入れられるかは謎だと感じました。少なくとも私は、前述の通り、これを連載では読みたいとは思えません…すみません。

レッドスプライト
めちゃくちゃどうでもいいことが気になった。モノのサスペンダーきつ過ぎませんか。何であんなに引っ張り上げているのだ。お股がきついんじゃないかと心配になった(黙れ)。
タツ君の軍人?武人?セリフがいちいち斜に構えていて気になってきましたが、まだ許容レベルです…。
展開が早いのも良いと思います。

トリコ
何か最初はこう…ぐだぐだと疑問点を書きなぐっていたのですが、全部消しました。パラ見の人間が、いかにカネ出して読んでいるとは言っても、あんまり適当なこと書いても悪い気がしてきたので。
しかし話についていけないことに変わりはないので、個人的にはただひたすら終幕の時を待ち望んでおります。

ゆらぎ荘の幽奈さん
ただただひたすらコガラシさんが男前。また新たな女の子ゲットだよ。まるで一流のポケモントレーナーのようだ。優秀な戦闘能力を秘めた美少女ポケモンならぬ美少女霊能力者を手籠めにしていくコガラシさん(手籠めにはしていない)。この話の終着点としては、コガラシさんが優秀なブリーダーとして、どんなポケモンも自分の思うがままに調教し…そして、調教されたポケモンたちも、それぞれがご主人様大好きモードで、みんな仲良く幸せに暮らすのであった…ってところかと。
何やら下種な感想を書いている気がしてきましたが、これだけ多数の女の子キャラ(しかもみんな可愛くて個性が際立っている)がこれでもかこれでもかって出てくるので、誰か一人に絞るのは難しい!いや本命は幽奈さんになるのでしょうが…。これこそ、みんなでハーレムの終わり方にした方が誰も傷つかず幸せになれる気がする。幸い、女の子たち同士も仲良いってだけじゃなく、百合っぽいしね(ヲイ)。

背すじをピン!と~鹿高競技ダンス部へようこそ~
あぁ~3巨頭の一角が落ちてしまうのか。まさかリタイアとは考えていなかった。
神宮寺さんって、おっとり系でいて、実はしっかり女房なのね。何かそういうのも素敵だ。
あと改めて思うけれど、土井垣先輩ってオネエじゃないんスか。オネエがいいです(何)。

ワールドトリガー
予告動画見た時から分かってた、あんなキザなセリフを吐く奴らは、「あいつら」しかいないって!!
全く期待を裏切らない新3バカ大好き。あいつら、本当美味し過ぎるよ。セリフのいちいちがツボなんですが、むしろ葦原先生、よくあんなセリフ考えられるよなあ(笑)。楽しい。
メインのヒュースですが、何と0日でB級昇格を果たした上、早速現役の孤月使いたちを次々と仕留めた!って、辻ちゃんまでやっつけちゃったよ!!これじゃ二宮隊との再戦の時どうなるの!?いやまだ通常トリガーの使い方に慣れていないから、フル装備だったら負けない的なコメントもあったから、まだヒュースの方にも弱点はあるのだろうけれど。これ反則的に三雲隊のレベルが上がる気がしてきた!いいぞもっとやれ!(え)
それにしてもワートリのキャラたちはみんな仲良しですな。これ巨大な部活のノリなんだろうか…。全員がほぼほぼ知り合いみたいな感じじゃん、あんなにたくさん人いるのに。で、ちゃんと上下関係も保っている(年齢で)ところもよくできたお子さん達で。
たま~にイコさんみたいのが、その輪の中で異彩を放つんだろうけれど、それでも皆からはそれなりに尊敬されて一目置かれているんだろうな。絶対人間的には嵐山くんの方が人望を集めているのだろうけど、きっと嵐山さん当人をはじめ、周りはイコさんを尊重するに違いない。
そのイコさんが面目を保つ実力を見せるのか、ヒュースが上手なのか!?イコさん、ヒュースなんてイケメン見たらすごく燃えそう。だってやたらイケメン=女子にモテるか否かで人見てるし(笑)。凄く楽しみなところで次号は休載!ぐおおおお……葦原先生、どうかお大事になさって下さい~。

ラブラッシュ
何この幸せな少女漫画(笑)。もう最終回ですか?
ココロ姫さまのお付きの子がキーッとヒスを起こしながら、「2人幸せに爆発しろですよ!」って、全読者の気持ちを代弁していてウケました(笑)。つまり作者さんも分かっていてこういう展開にしているわけですよね。
いやー。どうやってこの短期集中連載を単行本3巻分くらいにするつもりなんですかね?ある意味、そこは楽しみです。
にしても、シズクちゃん可愛い。ココロちゃん可哀想(爆)。

鬼滅の刃
うええ…あの女隊士さんもあっさりと死んでしまった。しかも殺され方が悲惨過ぎる(汗)。これ大丈夫かもろ首捻られて死んでますけど、ジャンプですけど、少年誌ですけど大丈夫ですか。…まぁH×Hが存在している以上、何だって大丈夫なんでしょうけど(爆)。そんでもって、そんな残酷な殺しをやりやがったお母さん鬼も…結局、ほとんど自ら死を選ぶようなやり方で炭治郎に仕留められました…。この闇深い家族に何があるんだ。俄然興味がわいてきました。
そして相変わらず、伊之助が可愛すぎてどうしようかと思う。善逸の存在を忘れそうだけど、華麗に助けに来てくれるんだろうか?その後に柱の2人が来るんだろうし。
もうずっとこの3人でトリオとして戦って欲しいわ。

左門くんはサモナー
最近あんまり楽しくないなぁ…と、思っている読者が増えてきたからこその、今の順位なんでしょうね。私もその一人です。ノリ的には「面白い!」と感じていた序盤の時と特に何かが変わったとは思えないし、むしろいろいろなツボを心得ていると思うんですけど、何でかなぁ、どうにも乗り切れないところがあります。
とりあえず、てっしーのキャラがちょっと違うような気がする。鋭いツッコミする天使が、ちょっと左門側に依り過ぎているのかな?
まぁあと、単純に左門というキャラがまだうまく動ききれていないとかもあるのかもしれない(もう要らんシリアス面とか出さないでひたすらカスでいいんじゃ…)。←何気に可哀想

火ノ丸相撲
「失せろ」って……こわっ!
修羅と化しておる。それこそ、もう一回久我君と戦わせてどうなるかが見たいわ、こんな変化を遂げるのであれば。何で負けを経験してめっちゃレベルアップした直後に火ノ丸が相手しなくちゃいけないんだ!どんだけ試練を与えたら気が済むんでしょうかね相撲の神様は…というか川田先生は。トーナメントの組み合わせが鬼畜過ぎる。
それにしても、毎回、あの女記者さんの予想が外れるとこ、地味に面白い(笑)。すんごい便利なキャラだよなー。いまどきあんな髪型の女性記者がいるだろうか…という気もしないでもないが。

たくあんとバツの日常閻魔帳
急いでいるから仕方がないとは言え、創平がたくあんの家族をめちゃくちゃにした動機を語るにはページ数が足りなさ過ぎた…。どうしたって性急な展開に思えてしまう為、彼の行動が浅く感じる。たくあんの方も、「僕には今、大切な日常があるから」って言ってこれまでの仲間たちを描く(1コマ)には、「そうは言っても、彼らとの関係性、まだそんなに深くないよね?」って感じで、あまり感動がわかない…。そりゃそうよ、だってまだ出会ってからそんなに日も経っていないし、彼らそれぞれを掘り下げてもいないし…。そうなると、ただたくあんの懐の広さで親友を許したということになるけど、やっぱり、母親をあれだけショッキングなやり方で殺されたシーンを見せられて直後のこれだと、創平への想いを描くコマも足りなかっただけに、どうしたって多少の唐突感は拭えませんでした。
でも仕方ないとは分かっている。限られた枠の中で何とか綺麗に収めようとしていて、そこは本当に凄いし巧いなとは思いました。残念ながら複数回読みたいと思わせる感じにはなりませんでしたが、次回作以降には生かされそう(まだ終わっていない)。

磯部磯兵衛物語~浮世はつらいよ~
源くんは領主とかになっていいの?(そこ?)
いや何か立派な侍になるとか言ってなかったっけと思って。まぁあれだ、みんなして適当な磯兵衛の適当な毒牙にやられて適当になっていくと。
それを心地良いと感じて読む漫画なのかもね…(笑)。

今週はここまで。若干少なめの感想ですが、来週はワートリがないからもっと簡易感想になるかもしれません。実際短文で感想書く練習もしてみたいな。

拍手、ありがとうございましたー!!!
スポンサーサイト

テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

minori

Author:minori
minoriです。
主にジャンプ作品の感想をつぶやきます。
時々気まぐれで他ジャンルもつぶやくかも?

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
参加しています

FC2Blog Ranking

こちらにも参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR