少年ジャンプ47号ネタバレ感想一気書き

もう明日(っていうか今日か)ジャンプ発売だよ…。この前日に更新するパターン、明日のジャンプのために復習しているみたいですね。本当はそんなつもりはなくて、できればもっと早く更新したいのですが~

余談ですが、今、最高に好きな漫画があります。その名も、『BLUE GIANT SUPREME』!ジャズ漫画で、世界ナンバー1のサックスプレイヤーを目指す青年の話なんですけど、1話1話が、ホントにいちいちカッコイイ。何かじわじわくるんですよね。国内上京編も、結末はちょっと不満なところありつつ面白かったのに、今の海外編は、もっとさらに面白い!
たった1人で、何のツテもコネなく、ただ相棒(サックス)1つでドイツに来ちゃって、「想像以上の孤独だ」と呟く主人公…。そして一見、何も得ることのなかったドイツ初日の深夜に、立ち飲みコーヒー屋で「最高の1日だった」と感慨に耽る。ね!?じわっとくるでしょ!?(伝わらん)
また、場所がドイツなんで、言葉も満足に伝わらないし、アジア人ってことで何となく遠目に見られたりする感じもある中、一期一会な優しい人たちとのちょっとした触れ合いや彼らの温かい表情、(多分)これから一生の付き合いになるであろう登場人物が本当に素晴らしい。最新話では、主人公にサックス吹ける店を必死に探してあげる男性が登場するのですが、見ず知らずの俺に何でこんなに親切に?と訊く主人公に、その人は「別に親切じゃない。普通のことだよ」って言うんです。そして、「誰でも思うよ、将来世界一になる奴と知り合えたら素敵だなって」って笑うのです。この人はまだ主人公のサックスを聴いたこともないのに、ですよ?ただ、主人公が自己紹介の時に、「世界一のサックスプレイヤーになる」って笑っただけでそれを信じて、手助けしてくれてるんです!ね、いいでしょこの漫画!?(前のめり)
この作品を読んでいると、ひたむきに自分のやりたいことに邁進して、臆面もなく「世界一になる」って笑えることの凄まじさ、そしてそれを応援する周りの人の力強さにじんわりきて、ズキューンとやられて、自分の人生まで振り返ってしまいます。自分はこんな大胆には生きられないけど、でも周りにこんな主人公みたいな人がいたら、やっぱり助けてあげたいなって思ったり。

急いでいるはずなのに、全く関係ないジャンルの漫画について語ってしまいました。
それでは、本題のジャンプ感想いきます。ネタバレOKの方、どうぞよろしくです。短いです。


ONE PIECE
今回の話、1回しか読んでないです。珍しいです。というか、そんなことほとんどない。最低2回は読みますからね。
でも今回はもう読めなかった…つらい。何だこれ。ある程度予想していた展開ではあるけれど、あからさまにこういうことやられると、あれ?ワンピってこんな感じだっけ?と戸惑ってしまう。ロビンちゃんの時はサンジがロビンちゃんの嘘を容易に見抜いてくれたりして、どこか絶対的な「安心感」みたいなものがあったけど。今回はどうなのだろうか。サンジのこの「しらじらしい嘘」に対して、おばかなルフィはちゃんと勘付いてくれるのか(汗)?何やら不安な感じが漂っているのですけど…。あ~誤解から結束がまた強くなるって結末はヨユーで見えるし、別段不安に思う必要もないんだろうけど、どうにも、そこに至るまでが長い感じがして…嫌だなぁ。
こんな展開は見たくなかった。

ハイキュー!!
練習試合やっと終わったー。いろいろ丁寧に描いてくれて良かったんだけど、どっちかって言うと試合が終わってくれて良かったという印象の方が強い。

僕のヒーローアカデミア
割と早い段階で目覚めてくれたけど、前回抱いたマイナスイメージというか、「えぇ~何かがっかりや…」という気持ちは特段払拭されず…。少年たちなんで、失敗も遠回りもして当然なんだけど、何か見たいのはコレジャナイ感が強い。
とりあえず早いところテスト結果が知りたいっす…。

青春兵器ナンバーワン
この漫画、「青春兵器」の横に「スプリングウェポン」って書いてあるけど、「青春兵器スプリングウェポンナンバーワン」ってタイトルじゃないよね?青春兵器の読み方を横に書いてるんだよね?
それはともかく、やっぱこの漫画、結構好きだわ。この軽いノリが面白い。それでいて、ちょっとほんわかあったかくなれるとこもあるよね(笑)。木の枝に宙ぶらりんにさせておいて、でも密告はしないエージ君、それに思うところありなナンバーワン。つかこの零一くんがクラスの女子に可愛がられるの分かるわ。実際ホント可愛いもん。そりゃ落としたアイス、地面に這いつくばって舐めている姿なんぞ見たら新しいのをやりたくもなるわな。
周りの人たちもノーテンキでいいよね。この緩~いお気楽漫画がどれくらい評価されているのか、気になりますな。

火ノ丸相撲
三ツ橋くんの戦い方、とてもじゃないけど見ていられない…。國崎くんの言う通り、仲間は分かってくれるとは思うけれど、でも…。
とにかく「つらい」としか言えない。

約束のネバーランド
おぉ~小物シスターが小物のまま、ママに逆らおうと頑張ってる!嬉しいな(ヲイ)。
しかし今話はそんなところじゃないか、注目ポイントは。レイが内通者だとノーマンから指摘されたラスト!いいね~こういう展開。この話、デキる子3人組の活躍だと思っているから、別段まだこの時点ではレイが裏切り者とか自分だけ助かろうとしているとかは思っていないんだけど、ノーマンが誰にでも均等に疑惑を抱いている冷徹さを持っているのがイイ。あ、でもさすがのノーマンもエマのことは疑っていないか。エマがブラックだったら人間不信になるよね(笑)。

BORUTO
我愛羅カッコイイよ我愛羅。
それに尽きる一話でした(数コマしかいないがな)。
この作者さんの絵が私は本当に大好きらしく、キャラクターとしてボルトのことをあんまり好きになれないことと、ミツキとヒナタの顔が違和感って以外はオールOKってくらいに受け入れています。え、「主人公が好きじゃない」って、かなり重要なところがやばいって?仰る通りですが、今回ようやく、ようやく、ちょっとまともっぽく改心もして、10点満点で1くらいしかなかった好感度が一気に3くらいにはなりましたよ!←
ただ、しょうがないとは思う、こんな展開でも。少年は過ちを犯すものだから…。ヒロアカのおバカな少年たちと同じです。だからナルトがいなくなってしまった今(最後の背中、カッコ良かったなぁ・泣)、ボルトにも少しは思い入れていかないとこの先がきつ過ぎると思うし、やっぱり好感度は4にします。…変わらないかな(笑)?
幸いとてもカッコイイ大人版サスケと、めちゃめちゃカッコ良すぎる我愛羅さんが同行して下さるそうで。何て心強いんだー。…残りの影さんは、正直あまり印象がないので何とも言えませんが、各里のトップなのだからそれなりにお強いのだろうし、こちらも活躍期待しております。ボルト王子を守る布陣、強力過ぎるぜ。あとちょっと話逸れますけど、ボルトのことを温かく見送ってくれたサスケの娘っ子とミツキは性格がいいなぁ~。
…ところで、サスケはナルトのことが好き過ぎますね。『NARUTO』の時から、こいつらの友愛は一歩ズレれば禁断の…というか、美しい愛の道へと爆走しても全く不思議はないと思っていました。いや変な意味じゃなくて!揶揄ってるのでもありません、普通に、好意的にそう感じて読んでいたものですから。どこからそう思い始めたのかは分かりませんが、「ちょっとそこまで行くの?」ってびっくりした分岐点がどこかにあったのは間違いない。
で、その精神が『BORUTO』の方にもバリバリ受け継がれているみたいで嬉しいです。キャラブレしてない。ナルトの息子を俺が鍛えれば最強って、とんだお惚気ですサスケさん。その美形顔でありがとうございます。こんなことを書いている私ですが、サスナル派でもナルサス派でもリバでもないです。私は腐女子系話大好きな人ですが、『NARUTO』に関しては1度もその手の同人作品を読んだことはなく…それでもフツーに、この2人は奥さんよりお互いのことが好きだよねと感じるのです。え?お前が腐女子思考だからそう見えるんだって?そうかな~。いや違うと思うな、この2人の場合は!(勝手に一人対話)
まぁ別に、男同士でそんな関係性があったっていいじゃないですかということで。美しいです。

ブラッククローバー
結局どんな風に話を持っていこうが、アスタが目立って何ぼのブラクロ…か。いや別に悪くないけど。バネッサ姐さんの真意をアスタが知るの早いな~と思って。本当にこの漫画は展開が早い。もうファナとマルスの再会やっちゃいますか。まぁこの2人のエピソードは早く見たいと思っていたから嬉しいけど。…ただファナちゃん、目がイッちゃってるから、結構マルス君の回想時と顔が違っているし、それで気づいてもらえなかったらウケる(爆)。

鬼滅の刃
「健太郎―っ」
……これに尽きる今話(笑)。一瞬、何のことかと思ってしまった。突然知り合いが現れたのかと錯覚するくらい、完全に「奴(炭治郎)は健太郎である」と信じ切っての絶叫。伊之助が可愛過ぎて幸せです。あんなボロボロになった状態で狂った父蜘蛛とタイマンとか大丈夫か。不安しかない。
逆に善逸は柱の女の子が到着してくれたから助かりそうな予感。どうやって助けてくれるのか謎だけど…たぶんここはもう大丈夫。
んで、やっぱり最大の試練は炭治郎の方ですよね。明らかにあの子が一番十二鬼月っぽい。うーむ、長い戦いにはして欲しくないが、あっさり勝てるわけもないし。楽しみだけど、また炭治郎のアバラがバキバキになるところは見たくないから頑張って欲しい、柱に(え)。

左門くんはサモナー
前回、アステマさんって書いてしまった気がする(確かめろや)。もしそう書いていたらすみません、マステマさんでした。悪魔とか天使の名前にあまり詳しくないからこういったミスをするわけですが、悪魔って本当にたくさんいるんだなぁ。神様もたくさんいるけど。日本の漫画ではそういった神話や伝承に登場される神様や悪魔、天使、或いは想像上の生物などが実にいろいろな形で登場してくれますけど、作品ごとにいろんな個性を魅せてくれるので面白いです。キャラが立たないと名前負けしてしまうリスクも背負うわけだから難しいのに、意外にどの作品でもハマっていることが多い気がするなぁ。
マステマさんは今のところ…普通だけど、オチ次第では大化けしそうな予感。
ヲタク宰相は今話の登場で十分カッコよく、満足なので、実際活躍まではしなくていいです(ひどい)。

銀魂
えー…銀魂全部読んでいるわけじゃないから、「金さん」なんて言う、銀さんを模した完璧アンドロイドキャラがいるなんて知らなかったよ。サラサラヘアーの金さん、めちゃカッコイイ(笑)。
そして下ネタなのに最後にドーンとカッコイイ源外にもびっくりだ。

斉木楠雄の屮難
今話は今イチかなぁ。折角照橋さんと2人で文化祭実行委員になったのに、期待したようなことは何も起きていない印象…(照橋さんだってきっとガッカリに違いないよ)。放課後、一緒に文化祭実行委員会に出て、帰るのが遅くなって、2人で下校とかしろよー。

歪のアマルガム
3話にしてもうやばくないか…と感じ始める私がいるんですが…。警察の中の特殊な部署に配属ってパターンが何か…いろいろな所でよく見かける設定な気がするし、何よりその零課に誘ってきた牛の頭さんがあんまり好きなキャラ!って第一印象ではなかった…。影舟君の時と同じようなガッカリ感が…。そして影舟君、まだ三つ編みちょん切ってないよ。主人公24時間監視している暇があったら散髪屋へ行け~。

ゆらぎ荘の幽奈さん
可愛い。コガラシ君のために一生懸命アイドルの練習をする女子たち。可愛い。
それしか言うことはない。とにかく可愛い。

ワールドトリガー
あの写真を見た時、ネタバレ見ないでキャラを当てよう!と頑張ってみたんだけど、迅さんすら分からなかった私は大概ひどいな…。
でも城戸司令は変わり過ぎだよねー。「怖い顔に」なったって一言では到底片付けられん。あと、スゴイ強そうなオーラ漂わせている方々の大部分がすでに亡くなっているとかあっさり言われたのも衝撃…。改めて、これ戦争漫画なんだな…って実感してしまった。呑気にランク戦やって、今お前何ポイント?とか言っている場合じゃないよ少年たち…(汗)。桐山さんって言うのはまだ出てきてない気がするけど、暴走しちゃった城戸司令を敢えて支える側になった感じの顔をしている。この人まで怖い顔になっていたら怖い。
しかしその3つの同盟国とやらはどうなったんだろうか。案外、麟児さん達はアフトよりそっちの国へ行ってるんじゃないか。
うーむ、呑気にランク戦しててくれって思っていた派なのですが、俄然、遠征にも興味がわいてまいりました(遅)。

背すじをピン!と~鹿高競技ダンス部へようこそ~
誰が主役かを忘れそうになる漫画(笑)。キャラがみんな生きていてスゴイ。
……ただ、この後の展開が大事だよね、連載を長引かせるには……。私もすでにあまり熱はなくなってきているので……。

トリコ
感想放棄。イカン、最早記憶に残っているコマすらない(一応ホントに読んではいるんだけど…)。

レッドスプライト
アルフレッド兄ちゃんが弟のタツに助けられる(しかも兄ちゃん、へたりこんで泣いてる)シチュエーションは不満だったけど、QF1~4さんの思わせ宇ぶり紹介からの一発KOには笑いました。やったね!素晴らしい、爽快!こういう早い展開を望んでいました!あんな奴らとの長戦闘なんて要らない。…実際、お話を急がないとやばい感じがしますしね…。
私はレッドスプライトを応援しています。

食戟のソーマ
ソーマと葉山のボクシング試合とか別に興味ないっす(笑)。
ただ早くソーマの勝利が見たいだけ。早くお願いします。

ラブラッシュ
ココロちゃんの押せ押せなアプローチが痛々しい…。折角みんなできゃいきゃい水着披露などしているのに、中身はシリアスっぽい展開でしたね。しかも人工呼吸で婚約成立とか強引にもほどがありますな…。

磯部磯兵衛物語~浮世はつらいよ~
久々に何だか面白かった。磯兵衛の学友たちが素敵な村作りをしていて感動しました。いろいろ言えないことやってる(遺伝子操作とか)は軽いジャブギャグってことで…。

今週はここまで。土日も仕事、明日も仕事です。けど、帰ったらジャンプを読めるんだ。それを糧に頑張ろうと思います!

先週も拍手ありがとうございました~!
スポンサーサイト

テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

minori

Author:minori
minoriです。
主にジャンプ作品の感想をつぶやきます。
時々気まぐれで他ジャンルもつぶやくかも?

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
参加しています

FC2Blog Ranking

こちらにも参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR