少年ジャンプ48号ネタバレ感想一気書き

今週は早く更新できました!来週もこんな風にできたらいいな~。他のジャンプ感想ブログ主さんは、早い方で土曜日(!)、そうでなくとも日曜とか月曜夜には最新作品の感想をあげられているのに、自分とこは毎週「今さら先週分?」となっているので(遅過ぎ)。
私自身、自分が感想を書くだけじゃなく、「他の方はあの作品にどんな感想持ったのかな?」とか「あれは皆大騒ぎな展開だろ!」って感じで、どんな反応だったかを知りたいので、ジャンプの感想ブログさんにはよく立ち寄らせてもらいます。でも基本、自分が感想を書いてから人様の感想にも触れたいと思っているので、そうなると自分とこの更新が遅れる=他所の感想ブログも読むのが遅れるor結局、読み逃す…ということが往々にして起きます。なので、なるべく1週間が終わるまでには感想をあげたいものです。

ところで違う漫画作品の話。
今日、超~久々に…というか、数年ぶりに、「はじめの一歩」102巻と103巻を買いました。何か漫画読みたいな~と思って、気紛れに…。ただ私は、この作品の101巻を買って読んだ数年前に、「もう『一歩』はここらで打ち止めだな」ってはっきり思ってしまった時があって、それ以来、続きを買うのをやめていたのです。もう80巻あたりからすでにその兆候(=「もう集めるのやめようかな」という葛藤)はあったのですが、それでも、100巻までは「待ってみよう」と思って…けど、結局この漫画は「ずっとこのままなんだ」って、何やら怒りにも似た感情が生まれて(笑)、それで集めるのをやめていたのです。
けど、何でか今日はふと、「続きを読んでみようかな」と思いまして。
で、これがいざ読むと、やっぱり面白いんですよね。嫌いじゃないんですよ、100冊も集め続けた作品なので当たり前と言えばそうなんですけど。ただ私は、この漫画のテーマは「一歩vs宮田」だと個人的にずっと思っていまして、それがいつまで経っても描かれないことに心底嫌気がさして(「引っ張ってる」とかいう問題じゃない流れ)、「もうダメだ、待てない…この作品の方向性が見えない…」と愛想が尽きたわけです。
で、面白かったけど、買った単行本の内容も、やっと、やーっと、日本タイトル返上していたけど、「おっそいなあ!」という印象で(笑)。けど、やっぱり面白かった。悔しい。久々のヴォルグも嬉しかったし。
でもまた当分、続きを買うことはないでしょう(ツンデレか)。

そういえば、マガジンの発行部数が100万部割ったとかヤフーニュースに出ていましたね。今ってマガジンがどんな布陣が全然知らないけど…漫画王国日本においても、漫画業界には厳しい状況が続いているのでしょうかね?この国にはこんなに面白い漫画が目白押しなのになぁ。通勤電車内で漫画雑誌を読むのやめてスマホを見始めた現代人って、実際何を見てるんですかね?ツイッター?

余談が長くなりました。それではネタバレ感想行きたいと思います。「続きを読む」からよろしくお願いします。



ONE PIECE
泣ける。つか泣いた。うわーん、うおおおおお!!!!!(うるさい)
いやー…参った。久々に男前なルフィを見られて震えてる。ごめん、この間までビスケットぼりぼり食べまくっていた姿見て、「ギャグにしか見えない」とか馬鹿にしたようなコメント書いてた気がする。あれだってそもそもは、サンジを助けるため、命がけでやっていたことなのにさ。ごめんよルフィ~!
はぁ~。まさかの餓死宣言だよ。「vs」なんてつくから、戦いたくなくてもガチでやりあうのかと思ったのに、ルフィはサンジが誰よりも「痛い」ことが分かったから、自分は決して手を出さなかった。ぐおおお漢だ…。
それで極め付けは、「おれはお前が作ったメシしか食わねェ!!」ときたもんだ…。「言いたくもない言葉並べて」とかもそうだけど、全部分かった上で、全部伝わってるぞサンジって叫んだ上で、「餓死してやる!」だもんな。これ以上ない「帰ってこい」なセリフ。たまらん。そりゃサンジの涙腺も崩壊するわ。崩壊したら、またあのクズ兄貴どもに「お前のさっきの攻撃、やっぱ嘘なんじゃねーか」とか言われない?大丈夫?でも崩壊してもしょーがない、私も何回見ても崩壊する。うおおおおおん【涙】。←
……やっぱ、ワンピの醍醐味はこれだよね。今回、サンジとルフィの絆を描くためにナミさんに引き立て役やってもらっちゃったけど、本当はナミさんだって「分かってる」って、読者は分かってるから。分かってるけど、それでもあんなこと言って、ルフィを蹴ったことが許せなかったんだよね。分かる。ナミさん。でもルフィがカッコ良すぎる。まさに船長。
でもその船長が、「必ず戻ってこい!!サンジ――お前がいねェと…!!おれは 海賊王になれねェ!!!!」だって(泣)。ぎえええええええ【涙】。←
はああ。今週は『レッドスプライト』を応援するためにアンケハガキを出すつもりなのですが、するっとワンピを1番最初に書いてしまいそうな自分が怖い。イカン!ワンピは番号書かなくてもみんなが支持するよ!だから私は書かなくていいはずだ!でも!
きっと書いてしまうだろうなぁ。ああワンピ大好きだ。

僕のヒーローアカデミア
おぉ~!?夜嵐君は落ちました。ってことは、轟君も落ちたかな!?私的には、救助すべき人に悪態ついていたかっちゃんも落として欲しいんですけど(笑)。
峰田が受かっているところからして、かっちゃんが落ちているとは考え難いが…。つか、峰田受かってんなら、他もみんな受かってんだろうね。←峰田に対して大変失礼発言

青春兵器ナンバーワン
好き!この漫画!通しで全部読んだ数だったら、今回の掲載作品の中でまさにナンバーワン!(好きなシーンだけ何回も読んだ数だったら、ワンピが1位だったけど。)
何だろう、このどっちがボケでどっちがツッコミか分からんカオスなコンビは…。普通に考えたら零一くんが圧倒的ボケ担当のはずなのに、天才少年と噂のエージェント君がこれまたそこにいるだけでトンデモボケ野郎だ。零一君ボケてる暇がない。それでいて、委員長に対してどっちもへたれだから、結局どっちも玉砕してグターンってなって。ウケる。心折れてる零一可愛い。俺一人で委員長の連絡先ゲットすると啖呵切っておいて、クジの手伝い頼んでるエージェントがこれまた愛しい(笑)。何こいつら!好き過ぎる!!
君の個人情報を隅々まで知り尽くしたいとか言われて涙目になっている委員長も可愛い。
この漫画、結構いいんじゃないの!?これはいきなり後方掲載になったりしないよね!?

約束のネバーランド
「生き残るのは私よ」とか邪悪顔で言っちゃってるママを見てしまっているので、その可能性は限りなく低いのは分かっているのですが、今回、レイがエマたちに脱獄を促す流れを作っていたって展開を読んで、実はママも、子ども達がこうやって自分を欺こうと必死に考えを巡らすような時が来ることを期待していたのでは!?などと考えてしまいました。いや、ない!とは思うけれど。あったらいいなーと。
レイは子どもとは思えぬ目つきになっちゃっていますが、ずっと前からママのスパイって、ハウスへ来る前からそうだったのかな?だとしたら、生まれた時から種馬としての役目を与えられていて…って感じなのかな。鬼どもが人間の子どもを食べるためには、一部の人間を生かして、ママのような育てる任務を与えることは勿論、産ませる為の存在も男女それぞれ必要ですからね…恐ろしい…地獄しかない(泣)。女性の場合、10人くらい産んだらお払い箱とかそんな感じなんだろうか…。そりゃシスターのように何が何でもママになりたい!ってなるよ…。
今ふと、女ばかりの世界になっちゃったという『世紀末のハーレム』だっけ?ジャンプ+でやっている連載を思い出したのですが、いやこの漫画とは全然話違いますけど。『ネバーランド』の方にも割り切って種馬やっている男いるんだろうなーと思って…。『ハーレム』の主人公が『ネバーランド』の方へ来たら役立たずってことで即殺されるぞ(爆)。…ちなみにあの漫画、究極につまらないという結論が遂に出てしまって、数話前から読むのをやめています…。

ブラッククローバー
あれ。まだマルスとファナの再会なかった。先にバネッサ姐さんとアスタとのやり取りでしたか。こうされると、確かにアスタが「姐さんを犠牲にしてまで治りたくなんかない」というシーンは必要だったなって気になってくる…。
けど、怪我が治るの早かったなー。結局アスタが中心になって戦う展開なのかー。あの新キャラの助っ人に見せ場なんてあるのかねぇ。
あと折角の表紙なのに、何で黒の暴牛全員いないの!?必死に探しちゃったよ、もしかしたらチビキャラか隠れキャラでマグナ達もいるのかなって。いないよね!?団長もいない!今回戦いに参加しているメンバー限定って決めていたならまだ分かるけど、その場にいないゴーシュやチャーミーらもいるんだから、これは完全に作者の好みで選別されたメンバーなのかと思ってしまう…。こういうのを見ると、やっぱりおだっちは凄いなーと思う。他作品とは比べるなと怒る人がいるかもしれませんが、カラー表紙の時、おだっちはちゃんと素敵な構図で麦わらの一味を全員描いてくれる。あれが毎回楽しみ。暴牛全員の仮装も見たかった~。

銀魂
泣いた。もう何なの空知先生。いつもふざけた話しか描かないくせに、時々こういう話をぶっこんでくる。そんで、きっと涙腺ダーってなってる読者を想像してほくそ笑んでいるに違いないよ。悔しー!泣いたー!もうやだ銀魂!!
たま達の凛とした最期は勿論、黙ったままガシャガシャとくずおれていく他のからくりたち、それを見つめる源外が切な過ぎた。あー…泣けた。

斉木楠雄の屮難
何ともあっさりと終わった文化祭だったなぁ~。斉木を目にしちゃって好きと言えなかった照橋さんは可愛いし、照橋さんの力でジャージ姿が乙姫に見える(斉木の力添えあり)って展開は、それなりに楽しかったけど…「文化祭」というオイシイシチュエーションにおいて、期待していたようなことは全く起きなかった。

歪のアマルガム
とりあえず幼馴染ちゃんとお別れさせてもらえたのは良かった…。けど、何てあっさりした別れなんだ…謎過ぎるぞ。あんな言葉だけで納得するかフツー?ただ事じゃないのを感じ取って、追い詰めたら主人公君が困ることを鋭く察知したんだろうか…だとしたらスゲー良妻賢母なんですけど、初回の印象では筋肉派な感じでしたけど(何気に失礼発言)。
何にしても、これから捜査&戦闘重視の話になるわけね。日常を取り返す為の戦いとは言え、初回の緩い学園風景が好きだっただけに、これからの展開についていけるか不安だ…。

ゆらぎ荘の幽奈さん
朧さんも強気なようでいて実は…という素敵な回。コガラシさんが逃げようとする朧さんを捕まえて、ちゃんと一緒に謝罪して回るラストも素晴らしい。
あと、更衣室のロッカーからスゴイ状況で出てきて、みんなそれなりに裸も見られているのに、全然怒られないコガラシさんってのも何気にスゴイ。もうみんなから絶対的な信頼を得ているわけだ!…着々とハーレムラストへの布石が打たれており、何よりです。

ワールドトリガー
感情が見えない奴が面白くて好きなら、何でカゲは二宮隊のワンコ犬飼君のことが嫌いなんだろうか?と真剣に考えてしまった1話。
普通に考えたら、犬飼君の感情は痛いほど突き刺さってくるから「鬱陶しい=嫌い」ということになるんだろうけど、あんなにいっつもニコニコしていて、チカちゃんみたいな子に対しても笑いながら攻撃してくるワンコ君が、「痛い」ほど感情ぶつけてくるって…ちょっとホラーだわ。笑顔の裏に殺意が満載ってことですか?ひえええ、そりゃ確かに嫌いになるよ、それが本当なら。
でもワンコ君は、公式(単行本表紙)設定によると、姉から鍛えられたコミュ力で誰とでも仲良くなれるってあるよね。木虎先輩にあんなあからさまツンツンしている双葉ちゃんのポニテに触ることも許されているような人ですよ。常にツンツンな二宮隊長の下でも、不器用そうなメンバーの間に立ってバランサーを務められるほどの器ですよ?だから、そんなブラックな人には見えないんだよなぁ(腹黒設定だったら、それはそれでオイシイかもしらんけど)。
そう思うと、逆に人懐こくて誰に対しても特に悪意も敵意もなく、ただ「わーいわーい」とか言いながら笑顔で射撃するのが「気味が悪い=嫌い」になったんかなぁ。今、ジャンプ+で「Dr.スランプ アラレちゃん」の再掲載がやっておりますが(ついつい読んでしまう)、まさにアラレちゃんのように、遊んでちょ!とか笑いながら相手をド突く…そういうキャラなのかもしれんね。だから嫌いってのは…まぁ何か分からないでもない。犬飼くんはカゲくんのことをそんな嫌いでもなさそうなのに(葦原先生から、「(カゲから)一方的に嫌われているのに何とも思ってない大物」って書かれてたし…笑)。
え?今週のワートリに犬飼なんて一コマも、話題にすら出てないだろうって?そうなんです、そうなんですけどね…。あのお好み焼き屋で、先輩たちからやいやい可愛がられてほくほくお好み焼きを食している遊真を見ていたら、あの場にいない修がまず可哀想と思い(まず修はああいった仲間には入れてもらえなさそうな不器用さがある)、その次に、やっぱりカゲに嫌われているというワンコ犬飼君も誘ってもらえないんだろうな~と思ったら、何でなんだーと思い。感想が飛躍してしまいました。
本当は今週の目玉は、単なる天然タラシ・隠岐君からチカちゃんを守ろうとする絵馬君とか、正統派完璧イケメンな荒船さんによる「好きな女は自分で守れ」節に痺れたりとか、みんなで話し合っているのに、真面目な顔でさっさと一人お好み焼きを焼いているであろう穂刈くんが男前だったり、いろいろ見どころはあったわけですが(何)。つか、隠岐君と荒船君のイケメン具合にここで完璧な優劣がついたような気がするけど…きっと気のせいだ、隠岐君もイイ男だ。荒船さんはオチビちゃん仕留めたけど、隠岐君は両さん眉毛のせいもあるけど、外しちゃったって違う意味の優しさがあると分かったし(きっと本物の敵を前にした時は本気出すと信じてる)。
しかし遠征メンバー、誰が選ばれるのか俄然楽しみになってきた!チームと一緒に行かせてあげたい、その方が雨取さんが安心できるってこれまた二枚目な絵馬君は、鳩原さんのこともあるしぜひもう行って欲しいというか行くことは決定として。たぶん、影浦隊は今回、玉狛に負けるからチームとしては選ばれないと思うんだよな。だからB級であと誰が選ばれるかってとこだよね。二宮も鳩原さんのことがあるからこれまた決定として。ワンコと辻も連れて行ってやってくれ~。二宮が心開ける人を傍に置いてやってくれ~(何)。
とりあえずホント面白い回でした。次回こそランク戦かな?あー楽しみ!
最後に。遊真=ムシって地味にウケた。

トリコ
すっごい丁寧に読んだぞ。あれ?結局あの人イイ人だったの?と思ってびっくりしつつ、特に思い入れもなかったはずなのに「良かった」とも思えた。ご都合主義でも何でもいいじゃない、こういう流れが少年漫画には必要だ。

ハイキュー!!
日向の妹ちゃんがサラリと深いこと言っていて驚く。そして、スポーツ万能な日向の妹ちゃんで、体育も全部1番ならロンリーパスできるんじゃ!?なんて思ってしまった。もしホントにできたら台無しでしたな(笑)。

鬼滅の刃
あのかませな隊士君は、どうやってあの試練を乗り越えたんだろうか?それくらい、敵の力量も測れないし、単に累がスゴイぞ強いぞって知らしめるだけの無能キャラ…。あんなんでも隊士になれるのかよ…育手誰だよと思わざるを得ない。でも、「こんなガキなら俺でもやれる」って言っているところを見ると、自分が大した実力は持ち合わせていない…ということだけは分かっていた模様(なら隊士なんかやるなよ…汗)。それだから隊を組んで集団で活動していたんだろうけれど、いかんせん、隊のみんなも弱かった…ってところかね。分かった!昔は結構、試練とかそんな受けさせなくても、割と簡単な筆記試験とかで合格にしていたんだけど、あまりにへたれな隊士しか増産できないから、何年か前からあの方式に変えたとか!?(かなりどうでもいい考察)
何はともあれ、累の「家族」に対する偏執的なこだわりは、きっと人間時代のトラウマが関係しているんだろうな。これまでみんなそうだったし。けど、他の「家族役」をやらされている鬼は何なんだろうなぁ…。顔は似ているけど、累が赤の他人(鬼)を無理やり集めて家族にさせたってオチな気がしているけど…。
炭治郎よりも伊之助が心配だ。怪我しているし、脱皮父ちゃん不気味以外の何物でもないし。あの恐ろしい図体で木の上で脱皮って。おぞまし。顔怖いっちゅーねん。
豚太郎が君の元へ戻るまで!頑張れ、伊之助!!

左門くんはサモナー
オタク宰相がカッコイイまま終わった…嘘だろ。
別にいいんだけど、何やら釈然としない。←何気にひどい

火ノ丸相撲
もうすっごいドキドキしながら読みました…ううぅつらい。折角やっとやっと勝てたのに、周りの観客も受け入れて興奮して喜んでくれているのに、これ以上まだ何があるというのか。やめてくれー。せめて厳重注意とかに留めてくれえぇ。これで取り直しとか反則負けとかになったらむご過ぎる。いや別に反則はしてないから大丈夫と思うけど…。

食戟のソーマ
まだ勝負つかないのかよー。大丈夫なの?こんなつまらない勝負を引っ張って…(汗)。おさずけとかも特に分からないまま目を滑らせて読んでましたよ…。

背すじをピン!と~鹿高競技ダンス部へようこそ~
この漫画は、どうにも鹿高以外のカップルも魅力的だから、ついついそちらも応援したくなるよね。スタンダードのチャンピオンからは陥落してしまった咲本組ですが、「遊びは終わらんよ」と不敵なあの後ろ姿&サラさんのニヤリ顔…!かっこえ~。こりゃラテン部門は余裕で勝ってしまいそうだぞ!?
…と、思わせてからの、落ち込み天才少年&それを支えるナオミ様。このカップルも好きだわ~。つかナオミ様の女房っぷりが素晴らし過ぎて。将来結婚するよねこの2人?それ以外考えられない。
というわけで今回はこのカップルを、そして次に咲本組を特に応援したい気持ち(鹿高の皆様すみません)。

磯部磯兵衛物語~浮世はつらいよ~
やったー大名編が唐突に終わったー(笑)。この大名編って、もしや「もうすぐ3周年だから」って、記念でやってみた企画だったのかな…。ぴたりと3周年目で終わったじゃないですか。めでたい(ヲイ)。いや面白いところもあったよ?でも、やっぱり江戸に帰ってきてもらえて嬉しいわ。畳でべたーんと横になってずーっと寝ちゃう磯兵衛こそが、私の好きな磯兵衛!え、大名の時も同じようにぐでんぐでんだったって?でも、何か違うのですよ権力者の磯兵衛は…!
にしても、団子屋の娘さんは何なの?磯兵衛にとってオイシイ恋愛フラグなんて要らないよ(笑)?
何にしろ、この漫画をもう3年も読んでいるとはたまげます。今や巻末になくてはならない作品になっております。これからも緩く適当に頑張って下さい!

ラブラッシュ
これはもう最終回へ向けて締めに入っているとしか思えんが…。
このままシズクちゃんに良いところが何もなく、ただココロちゃんに喝を入れられてどうにかなって、ココロちゃんは結局恋のキューピッドでした…って感じで終わられましても…モヤモヤしか残らない気がする。うーむ。
かといって、シズクちゃんが何も悩まずにサクッとレイジ君からの告白に頷いていたら、この漫画そもそも成り立たないし。やっぱり設定が難しかったのかねぇ。
しかしミネラルウォーターちゃんは可愛い良いキャラデザ。折角こんなに絵が巧くなっているのに、もったいないのう。

レッドスプライト
もっと感動的な再会シーンにしてもらいたかった…何かすげー淡泊。仕方ないと言えばそうだけど…。多分、早いところあの女王様を出したかったんだろうし。この女王様、まだ子どもちゃんなのに、国のために自らの首を差し出すことを厭わぬ覚悟を持っている…。多分、本心では弱いところもあるんだろうけど、それを見せない不敵な感じが良いです。好み。
で、でも、もうちょっとアルフレッドとタツ、モノとのやり取りをじっくりやって欲しかった…。つか、充電切れですぐにモノを呼ぶタツ…。モノも嬉しいだろうなぁ、こんな風に必要とされて。で、このモノちゃんは、結局男の子なんですか、それとも女の子?個人的には男の娘でもいいです(何)。
……さて、今週はアンケハガキを出します。遂に最後尾になってしまった本作を応援する為です。まだ!まだ終われないこの漫画は!伸びしろあるよ~絶対に!
私は『レッドスプライト』を応援します。

今週はここまで。久々にちょっと長くなったのかな?今週はいろいろな作品に読み応えがあって嬉しかったです。来週も期待大!

前回の記事にも拍手ありがとうございました!励みになります!!

スポンサーサイト

テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

minori

Author:minori
minoriです。
主にジャンプ作品の感想をつぶやきます。
時々気まぐれで他ジャンルもつぶやくかも?

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
参加しています

FC2Blog Ranking

こちらにも参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR