少年ジャンプ35号ネタバレ感想一気書き

今日は何曜日だ…日曜日です。
仕事休みで良かったー。仕事あったら確実に今回のジャンプ感想はあげられなかった…。もう駄目かなと諦めかけましたが、折角1年?いやもっとか?毎週休まず続けてきたジャンプ感想ブログだから、ここで一回でも途切れたらやめちゃう気がする。だから、何とかあげられそうで良かったです。

何でこんなギリギリだったかと言うと、今回は仕事が忙しいからとかいう理由じゃなかった。先週からちょい匂わせていましたが、「ドラクエ11」の魔力に囚われてまして…一向に現実世界へ戻ることができませんで…。いやちゃんと働きには行っていますし、ご飯も作って食べています。それなりに睡眠もとっていますし(いや睡眠はどうだらう・爆)。
ただ、家にいる少しの隙間はずーっと冒険者と化しています。やっぱりドラクエは面白い!好き小説を読んでいて続きが気になる、やめられねえー!ってなっている状態に凄く似ています。次々ページをめくるあのわくわく感。今回は非常に残念なことに、いつも凄く耳に心地よいと思える音楽だけは本当に駄目だと感じているけど(煩さすら感じる…何か主張が激しい…いつもあんなじゃないのに・汗)、それ以外の冒険そのものは、やっぱり楽しいな、さすがはドラクエ!ってことで、おおむね満足感いっぱいでプレイさせてもらっております。
何と言ってもキャラクターがいいよ…。今回は本当にキャラがとても良い。いや毎回結構好きキャラばかりですけど、想像していた以上に仲間が素晴らしいのです。主人公も素晴らしい!というか可愛くて毎回悶えているし、ある場面なんてもうもう…ぐおおおぉ(何)。
…この時期ネタバレするのも早すぎかなと思うので控えますが、仲間以外の脇キャラ(冒険をサポートしてくれるキャラ)も素晴らしいですし、素晴らし尽くめですわ。美人さん多いしね。
はー!これ打ったらまたプレイ再開しようと思うので…今回も申し訳ないながら簡略化感想となると思います。殆どの感想文が出勤途中の電車内でちまちま打っていたやつですけども(笑)。

では行ってみます!どんな感想文でも大丈夫!短くてもOKさ!という方は、「続きを読む」からお願いします!



ハイキュー!!
田中先輩がそこまで潔子先輩を好きだなんて思わなかった。縁下君が指摘する通り、彼の潔子先輩ラブビームってネタみたいに感じるところが大きかったし、「あんな」アプローチで成功するとはさすがの当人も本気で思っているわけがない、これはファンがアイドルに「好きです♪」ってアピールするレベルだろくらいにしか捉えておりませんでした。
…それがとんだ勘違いというか、「あんなに」本気だったなんて。嫌な話かもだけど、大概の高校生男子はあのチームメイトらの感覚と同じだと思うぜ(女子も)。いけそうな奴ならとりあえずOK、それが可愛い(orそれなりの見てくれ)なら尚のこととりあえずOK!そんな感じでしょ。いやいや高校生のみならず、大人の階段上るごとに、そういった傾向は少なからず強くなる気がします(笑)。
田中先輩はそんな人々の感覚にはついていけず、は?いけそうならOKって何それ?そんなこと「ありえない」、「フツーに駄目でしょそんなん!」と思う人。好きになったらその思いを貫く。そしてそうと決めたら何があっても上を向いて進む。何故なら彼にはそういう生き方しかできないし、そもそも凡人たる自覚がある自分には、何かを諦めたり俯いたりしている時間なんて勿体無い。それは恋のみならず、好きなことに対しても。
…スゴイ好感度高い、且つカッコイイキャラじゃないですか?今、人気投票やったら確実に田中先輩、上位に食い込める気がします。
…最終的に潔子先輩と結婚できるかと言ったら、それは出来ないと思うけど(ヲイ)、彼のモテモテ人生はこれから間違いなくやってくるよ。…本人はその殆どに気づかなさそうだけど(笑)。

ブラッククローバー
今週のジャンプ、なにしろ殆どの作品1回しか読んでいないので、このブラクロも感想書こうにも「うーん…どんな話だっけ」とまず考えました(爆)。
で、そうだ!ラックと鋼の人と野薔薇の団員さんが勝った話だったと思い出した。ラックは個人的に単なる戦闘マニアって印象しかないので、キャラとしての魅力はあまり感じていないのですが、このチームのデコボコ具合はユニークで良かったと思います。
リルチームとラックチームなら、なかなか拮抗した戦いが観られそうなのも楽しみですね。

僕のヒーローアカデミア
トガさんは血を盗られたら怖いけど、戦闘能力自体はいかにもなさそうと思っていたので、あんな誰にも化けずに普通に動けていて意外だった。ちょっと敵としての格が上がったかも。もっとデク君好き好き変態オーラ出していいのよ?
にしてもすまっしゅ出張多いな…。

鬼滅の刃
いくらドラクエにハマっていようとも、この漫画は必ず複数回読む…。もう大好きだ。何これ楽し過ぎるんです。伊之助やっぱり可愛かったー!ていうか、すっぴんであれってどういうことだ!おしろい塗らない方がいいじゃないか!遣り手おばさまの満足気な様子に私も誇らしい気持ちがしましたよ(何故お前が誇る)。
そして善逸…(笑)。もうコマにいるだけで笑える。自分を棄てた男(宇随さん)を見返すために吉原一の花魁を目指すとか、本当どれだけドラマティックな子なんでしょう。泣きながら三味線弾いてて笑いしかこみあげない。最早任務を完全に忘れているが、多分知らない間に真相には食い込んでいけるのでしょう。さすが善逸だぜ!←
で、真面目炭子ちゃんは、額に傷があってもその真面目さで何とか中に置いてもらえるとか、こちらは素で「さすが」と言うよりない。主人公が一番まともで、ある意味普通である。素晴らしい。とにかくこの三者三様のコマ割り、どれも気になるからどれも置いてきぼりにして欲しくないね。
そして宇随さんの嫁、1人登場…。すげー色っぽいです。胸もデカイ。多分、あとの2人もかなりの美人と推察。そりゃ善逸じゃなくても腹立つわー(笑)。

Dr. STONE
作者さんがドラクエネタちょいちょい仕込んでくれるの嬉しい。バイキルトとか、プレイしている人しか知らんがな。
それはそうと、この漫画で初めて声出して笑ったかもしれない。いや本来はこの漫画、そんなギャグ路線じゃないんだからしょっちゅうは笑わないはずです。チョコチョコした笑いはあっても、噴き出すような類の笑いが出るとは思いもしませんでした。
どこに笑ったって、あの4人で死に物狂いにシュコシュコ酸素送る絵ヅラが…(笑)。製鉄業やばすぎですまさに。無茶だ(笑)。普段はクールな千空が自らも肉体労働やって、本気であれ数十時間もやる気だったのか?考えると彼らしくないけど、一方で科学の為なら無駄と思える実践も厭わないって姿勢が「らしい」とも言える…。そして、やっぱり彼も高校生なんだなぁと。
最近のこの展開は何だか楽しい。銀狼はもうじきゲットできるとして、他の村人を何で釣るかも見ものです。

HUNTER×HUNTER
つれー…。クラピカの命がゴリゴリ削られていると思うと話に集中できなくなってきた…。怖いよー。
怖いと言えばツェリードニヒが念の天才ってやつ。手に負えなくなりそうで恐ろしい。何とか上位クズ皇子同士で潰しあいしてくれんか。
って、クラピカ心配だし、誰が死ぬのかとハラハラするのだけど、そう思うこと自体、やっぱり話自体はとてつもなく引きこまれるし、夢中になって読んでいるんだな自分、って思う。どの皇子も興味深いもの。特に今回はあのキセルの人ね。あんな真面目に中毒患者の更生を考えているなんて。まともな王になりそうではないか!?
妖精の人も憎めない。まだ死んでほしくないけど、こちらはソッコー死にそうで心配(笑)。
あと最終ページにクロロいたけれど…。あれって何で人殺しそうになっているんだ?仲間が死んだこと、もう知ったの?どうやって?って不思議だったんだけど…。あれは、クロロがフェルナークの電話(確か)借りている状態だったから、それが消えて彼の死を知ったってことでしょうかね。でもヒソカがやったことまで気づくかな?もうマチが何らかの方法でクロロに知らせた?
何にしろこれまた別勢力が出てきて、ますます混乱しそうで、これまた楽しみなのです。どうせならこういう関係ない勢力に厄介な皇子の相手して欲しいわ(クラピカは忙しいんじゃー!)。

移ろう時の中で
特別読み切り。突如として現れた新星作家さんらしいです。賞金で世界旅行に出ちゃうって書いてあったから、もう当分漫画描かないみたいだけど…(笑)。そんな世界一周できるほどの賞金貰えるのか?ピースボートなら行けるか??若いねー。
そんな若さを感じさせる、まさに新人さんが如何にも描きそうな漫画と思いましたが、とにかく画力が本当に凄い!これで漫画歴1年!?ってどういうことでしょうか??何か何年も一生懸命漫画描いても全く上達しない人だって世の中にはいると思うですよ…。もうプロだから例に挙げてもいいと思うけど、島袋先生とか見てよ、決してお上手な方じゃないと思うですよ、あれだけの売れっ子になっていても画力があれな人はいる(お前相当失礼だぞ…)。
だからこの方、もうすでに絵に関してはどこでも採用されるような実力を持っていらっしゃって本当前途洋々じゃないすか?って思っちゃう。コマ割りとかキャラの表情とか、仕草とか、魅せ方も相当巧いと思うし。漫画歴は1年でも、漫画は相当読んでいるよね?それか映画とかアニメとか?そうじゃなきゃ許さん(ヲイ)。
肝心のストーリー自体は、前半の無駄な暗さと鬱々感が鬱陶し過ぎる上、どうにも説教臭い展開が逆に訴える内容(凄く良い)を薄めてしまったように思えてなりませんが、それでも最後に向かってどんどん読み心地は良くなり、読後感も爽やかだったので、前半の霧が晴れた感ありました。良い読み切りを読ませてもらえて良かったです。
ただ一点だけ言うと、どう見てもジャンプ向きではない。何故これをジャンプ?って感じ。青年誌とかの方向じゃないですかね?少年に読ませたいなら、内容も見せ方も考え直さないといけないから大変だし、この路線でいきたいなら雑誌は違う所にした方がいいと思うなー。

火ノ丸相撲
ううぅ…。毎回この漫画の感想は素晴らしいとか熱いとか感動しか言葉がないけど、そうとしか思えないから仕方ない。部員ひとりひとりとのはっきよい!に胸が熱くなります。感動せずにはいられない!終わるの寂しいよー!

僕たちは勉強ができない
前回、文系娘の文ちゃんがスゴイ追い上げを見せてくれたから、今週は理珠たまかうるかちゃんかな?と思っていたら…うるかちゃんの壮絶な追い込みかかりました。これは是非このまま、唯我に嘘だの誤解だの誤魔化さない展開で進めて欲しい!そういうの(=話の序盤?で、もうヒロインの一人の恋心が主人公にバレる)って何か新鮮っていうか、三つ巴の戦いがテーマで見たことないし。この漫画は別にまだ終わる気ないだろうし、なのにこの進行具合は攻め気が強くて好感度高い。

銀魂
先週からあまり感想が変わらないというか、そうか…ってくらいの感想しか書けず(何)。
まぁあの方たちが死んでなくて何よりですよ。

食戟のソーマ
美作を好きになりそうだ…。コピーシェフの壮絶な努力を垣間見ることができました。シェフっていうかものまね芸人みたいだけど。あんなんやられたら楽しくてずっと見ていられるし、ずっと見ていたいよ。

約束のネバーランド
前から、鬼が人間を育てて食べる縮図は人間が営む畜産業に似ているよな…と思っていたけど、エマもそのこと感じたのかなと思わせる回。
愛情もって育てた方がお肉は美味しくなるってその通りだと思うし、感謝して命を頂くっていうのもその通りだ。人間と鬼が営む畜産の差異と言ったら、鬼は自分たちで愛情持って人間(食べ物)を育てるのではなく、被捕食者である当の人間にそれをさせているってことで…だからこそおぞましいわけですが…。
なんか重い…そして考えさせられる漫画だな。ただのエンタメじゃない重厚感がある。

クロスアカウント
くそみそ男ちゃんが主人公からの返信遅い、ボクのこと放置し過ぎって思うだけでなく、当人にも直接それ言っちゃうの凄くないですか(汗)?これ、読者はくそみそ男が可愛い女の子って正体を分かっているからいいものの、主人公は「彼」のことを自分と同じ冴えないヲタ男って思っているわけでしょ?それでこんな彼女ヅラで、「長時間無視するのはなしな」なんて当然のように文句返された日には…、普通の男子ならウザいとか怖いとか思わないのかって単純に不思議なのですが…。だってリアル友達でもないし、ネットの中だけの付き合いじゃないですか?そんなリアルの都合だってあるんだから、普通すぐ返信できる方がそもそもおかしいのでは?最近の若者はやはり即返信が基本なのか…。くそみそ男の不満に対し、すぐさま本気で悪いと思って謝る主人公…むしろ偉い(笑)。ただのお気楽チャットにそんな縛られていたら堪らん。
まぁネットだけの関係とは言え、それだけ濃密に付き合ってきたってことですかね、この2人は…。ホントに心の友って思っているんだなと。主人公は主人公で、僕を本当に分かってくれているのはお前だけ、とか、これまたイタコワ男子みたいなこと告白していますし。ああっ!返す返す惜しい漫画だぁっ。ホントにこのくそみそ男が冴えない男子だったら良かったのにさー!なんだよ、美少女売れっ子女優ってよー!根暗男子同士でイチャコラしろよー!(お前…)
しかしこの漫画、本当に色々大丈夫なのですかね。最初に非リアを提唱しておいて、非リアに媚びる気一切なし、むしろ喧嘩売っている潔さはいっそ一周半くらい回って好きになる勢いですが(私は)、大部分の読者にとってはどうなのでしょう。

青春兵器ナンバーワン
どんどん頭がおかしいギャグになっていくナンバーワン。それでも大好きに変わりありません。今回はさすがに色々ドン引いたし、この高度なギャグは私には理解が追い付かないところも多かったですけど(笑)。

ゆらぎ荘の幽奈さん
コガラシ御大のマメさを改めて実感した回。みんなに合ったお返しをあんな丁寧に考えて、素晴らし過ぎますわ。…逆に言えば、彼にとってはみんなが同じくらい大事な家族ってことで、恋愛感には程遠いのかな。
…ちなみにカルラさんへのお返しが一番大変そうだけど、彼女が本命じゃないよね(笑)。

シューダン!
電車内でスマホ使ってちまちま感想打っていたと冒頭書きましたが、その時にジャンプの作品群頭の中で列挙してタイトル打っていて…見事にこの作品の存在を忘れていました。ごめん。今掲載順チェックしていて抜けているのに気が付いた。
一気に後方に掲載されているけど、それが私と同じ感覚の読者が多くてそうなっているのか偶々なのかは分かりませんが…。今のところ、やっぱり私にとってこの漫画はさほどヒットじゃないんですよね…。メインキャラはみんな可愛いと思うけどね…。

斉木楠雄の屮難
斉木のコーヒーゼリーへの愛はちっぽけなプライドなんかあっちゅー間に消し去れる程には大きいんだぜ。そんな斉木が好きだ。
しかしあのキモ兄貴も、いざって時に頼る場所が斉木のとこってどういうことなの。強引にBL妄想しろってことなの?(違)

ROBOT×LASERBEAM
烏丸先輩カッコイイ…。なんなの、あの「BO!」ってやつ。実に自然にやっておられますが、普通はおかしいからね?スイングした後にあんな仕草して如何にもボールに魔法かけました、みたいな仕草。実際、技名がなんかメラとかメラニみたいな呪文でしたよ?しかも自分でも火が強過ぎたみたいなこと言っちゃってるよ。火術を操る魔術士!?性格的には如何にも氷系の呪文が得意そうなのに!風系でも良い!しかしそこを敢えての炎!カッケー!現代に降り立った高校生魔術士、カッケー!
…バカにしていません。本気でカッコイイと思っている私がいるから手に負えません。今さらですが、この漫画がゴルフを題材にしているのがとてつもなく残念に思えてきました。いやテニプリみたくなんちゃってゴルフしていくこの路線でも良いのでしょうが…。今からでも遅くないから、いきなり時空の歪みが起きて、そっから世界を崩壊させんとする魔王がやってきて世界観一変、選ばれた勇者一行がゴルフクラブに魔力を宿して魔王討伐に立ち上がる作品にチェンジしないかな?割と本気です、ドラクエやっているからってお前いい加減にしろって思われるかもしれませんが割と本気です(2回言った)。
主人公ロボはおよそ勇者ってキャラではないので、敢えてのトモヤ勇者で(村人Aにしか見えんが…)、勇者を補佐する相棒というか参謀がロボ。烏丸先輩は当然魔法使い。面倒見抜群の理音先輩は僧侶。眼鏡先輩やキャプテンはまだキャラを掴みかねているので分からないけど、多分パワー系の職業任せて平気でしょう。鷹山君は後から合流するバトルマスターかしら。
んで、皇帝朱雀さんはどっかの国の領主様で、普段は後方支援(財力と権力で)。いざという時には颯爽と現れるスーパースターをやっても良い。おいし過ぎますかね。てか何だこの感想は。しかしキャラがおかしいので、こういうの、考えるだに楽しいです。
万が一打ち切りの危機がやってきたらこうした路線変更も試してみては如何でしょうか。いやファンタジーといった極端なジャンル変更はさすがに冗談ですけど(言わんでも分かる)、「幽☆遊」みたいな路線変更で生き残った作品も実際にはあるじゃないですか…。ロボレザの場合はキャラを活かした人間ドラマ多めにしても良いと思うですよ。

腹ペコのマリー
無理くり最終回に近づけなきゃいけないせいでしょうか。すでにアンナちゃんはタイガ君のことを好きで受け入れているし、隣に住んでて毎日顔合わせているのに話しかけることすら難儀していたタイガ君が、駅のホームでおもむろに彼女の手を握っております。このスピード感。たまりませんな(イヤミじゃないです誉めてます)。
…でもこの展開も打ち切りが迫っているからこそなのだろうなと思うと…。最近は本当に面白くてサクサク読めているし、読者の好感度も悪くないと思うから、次週あたりはロボレザと順位代わるぐらいの変化はあるかもだけど(ぐはぁっ)。←ロボレザ最下位想像に勝手にダメージ
ただ、ロボレザは単行本が売れているらしい?と耳にしたので、やっぱり危ないのはこのペコマリちゃんかなと思うわけで…。今さらまた新キャラの魔女さん(精霊?)出てきたけど、あんな何らかの秘密をもったいぶった態度でいていいのか?もうすぐ終わるんだろ?と心配してしまう。応援していると言っている割にひどい言い草ですが、そもそも個人的には、あの序盤に出てきたロイヤルナイツ的な刈り上げのオッサンも失敗の一因と思うのですよ。なんか訳知り顔に出てきたけど、いやにノンビリとして何を明かすでもなく、役割的にオイシイとこもってくでもなく…。いや本来ならオイシイキャラになり得たはずなんだよ、立ち位置的には。でもあの刈り上げが全てを台無しにしたと思う。お前またふざけるのも…って感想になってきたのでこのへんでやめます。引き続きアンケには番号書きます。

磯部磯兵衛物語〜浮世はつらいよ〜
どんな話だったか思い出せず、必死に記憶の糸を手繰り寄せましたが、思い出すきっかけは、作者さんが毎回書いてくれる「無類の〜好き」ってやつ。あれで蘇りました。
しかしそもそも、恐らくは江戸中の人々から看板娘と認識されているような可愛い娘さんが、なんで磯兵衛如きイチ常連客から花火に誘われたからってそれを受ける?つまり脈ありってことか?先週からなんかそんな雰囲気あったし。…ってなことを考えると、単に磯兵衛むかつくぜって思うだけですな。←磯兵衛にはとことん厳しい私です。


今週はここまで。どこが簡易感想なのかさっぱり分かりませんが、気づいたら8千字を越えておりました。これがジャンプの魅力か。ついつい語ってしまう!
こんなだら感想に本日もお付き合いありがとうございました。
まだこの感想ブログ続けてもいいよって思ってもらえましたら、拍手ぽちりと押して頂けると励みになります。いつも押して下さる来訪者様にはとても感謝しております!

スポンサーサイト

テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

minori

Author:minori
minoriです。
主にジャンプ作品の感想をつぶやきます。
時々気まぐれで他ジャンルもつぶやくかも?

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
参加しています

FC2Blog Ranking

こちらにも参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR