少年ジャンプ40号ネタバレ感想一気書き

先週より約1日早い更新です…。だから何だってほどの亀更新なのですが、自分の中では凄く頑張った気が。
それでも明日また仕事早いので、いろいろ前置きで書きたいこともありつつ、早々感想文の方へ移りたいと思います。「続きを読む」からお願いします。



Dr. STONE
表紙の勢いがスゴイ。とっても劇画ちっく、そしてとっても少年漫画している感じ!そして実際とても面白い。
しかし幼少の頃の千空はとても可愛らしいが、今の千空は高校生男子とは思えない老け顔だよな(爆)。いや電気灯ってとっても良い笑顔なのですが、いろいろ濃い。アンパンマンの愛嬌腫れ顔でさえ濃い。
あと私、やっぱりエセ心理学者の喋り方とかが本当に鼻について苦手だぁ…。ジーマーって何だよ(汗)。いるの?現代社会にこんな喋りする人。探せばいるのかもしれないけど、特殊性出せばいいってもんじゃない。このキャラがいつか憎めない応援したくなるような立ち位置になるとはとても思えん。でも味方になるのかー。杠ちゃんに会いたい。

ROBOT×LASERBEAM
えええぇ…!?スゴイ、来週表紙なんですか!?な、なにが起きたのだロボレザ!やっぱり単行本が売れているのかな?それとも、藤巻信者によるハガキ運動が思った以上に強力だったとか?
私自身、ハガキ出して応援している身ではあるし、ロボレザ大好きなのは間違いないのですけど、あの最下位に行くかどうか?って危機感を抱いていた頃と今とで、何らかテコ入れがあったかというと、別に変わらぬテンションでお話は進んでおります。特段、人気爆発したきっかけみたいなエピソードがあったかというと、多分なかったと思う(ヲイ)。まだ黒バスほどの勢いや爽快感、キャラの掘り下げもされていないし…。潜在的な爆発力をみんなが感じて、「この漫画を早々終わらせちゃなんねぇ!」みたいに支援し始めたということですかね。
まぁ本当、これからどんどん面白くなるとは思うんだロボレザは。実際問題。今もって既に私は、理音先輩大好き、烏丸先輩の顔が大好き(顔て)。
はちゃめちゃながら、変な技名出てくる漫画っぽさにニヤニヤするし、ポンポン試合が進むスピーディな展開や、読ませる構成力、何より「人の心が分からない」という一見死んだ魚の目をしたロボ君が、どんどん魅力的になっていく流れとかが。もぅたまらん!好き!としか言えません。
だから嬉しい。人気が出ているのなら。まだ油断しないからハガキは出すけれど(笑)、このまま昇り竜的に上位をキープして欲しいです。
その為には、皇帝朱雀様のもうひと暴れも必要かと思いますね。ここでロボ君を勝たせてはいけない。悔しがるロボ君、めっちゃ見たい。←Sか

ONE PIECE
ペドロが自爆…。
ワンピファンなら誰もが思い出したであろう、ペルの自爆イベント…あれは涙なしでは見られませんでした。戦いの後、ビビが眠りたくないと言って、静寂の王国を窓際から静かに眺め、ペルにありがとうと言いたかったと呟くシーンはもうホントに泣けた。
で、その後、なんでか無事だったペルには「!??」となりましたけど、私は嬉しかった。だってビビには、そしてアラバスタの復興・発展には、まだまだペルが必要だから。おだっちの「死人はなるべく出さない」って方針にも凄く共感できたし、それが漫画をつまらなくするとは、今もって思っていないし。
でもでも、今回は…。折角のペドロの決死の覚悟が、どうしてもあの時のペルと重なってしまい、しかもあの時のペルとは違って余韻も何もなく急に行われたものだから、ぶっちゃけ感動している暇がなかった…。その上、「多分死なないよ、大丈夫」とか咄嗟に思っちゃったし。うわーんペドロごめーん!そういう問題じゃないよね、ペドロの行動がどれだけ今後の世界にとって重大且つ貴重かに視点を置いて見るべきなのにね!すまん!本当に!
……むしろこれでホントにペドロが死んでいたとしたら、あらゆる意味でショック甚大です。死なせる必要ないキャラだから、遠慮なく、ちゃんと救済して欲しい。私はそういう展開にするおだっちのワンピースが好きなのでね。死なせなくていいよ、そういう感動は要らない。ペドロの行動自体には、私は感動するべきだったけど(汗)。

火ノ丸相撲
息子のためにいろいろ相撲界のことを調べておくお父さんが好きだ。
それにしても前回の感想で、高校相撲編完ってとりあえず区切って欲しいみたいに書いたら、今回全くその通りになって驚きました…。さすが川田先生だ…読者の考えていることなどすでにお見通しさって感じで、ちゃんと仕切り直した上でプロ編をやってくれるとな。もう安心して、素直に次の舞台、大相撲編を楽しむことがこれでできます。
楽しみだなー。主に柴木山部屋での皆とのわちゃわちゃが私は楽しみです。

斉木楠雄の屮難
あれだけ可愛ければ、鳥束なんて構わず突撃するかと思いきや、さすがの俺でもあの子は無理みたいに言ってて、真正のクズではないか…。まぁ頼まれたら咄嗟に断れないとか言ってたし、究極のとこでは命より女の子を取るよなやっぱり、とも思えたけど。
何にしろ、斉木たちも巻きこんでのあの展開で、どういうトコから落としてくるのか、ちょっと楽しみです。

約束のネバーランド
表紙のふくろうがとてつもなく美しい。
それはそうと、疲れ果てている小さな子ども達にお菓子の入った丸缶を差し出すどころか、分け前減るからシェルターから出て行けと言い出したオッサン(爆)。今のところ最低最悪なオッサンです。ん?でもこの人まだ20代?
ただ、わざとの意地悪なんじゃないかなぁ…という気もします。別の農園からの脱獄者というのは本当としても、本気で追い出すとかじゃなく、エマ達の覚悟を試しているというか。だって、一人であそこに助けもなく10年以上もいて、未だに水も食料もあるっておかしいし。缶詰だってそんな保たないっしょ。ある程度は狩りとかして自活できたとして、だったら尚更、物資を独り占めしたいから出て行けとかなんかヘン。エマ達の情報を掴んでいるのも、一人で地下シェルターにいるだけの人ができることかなと疑問だし。何人かは協力者がいるのかも。
だからお菓子をくれなかったことを恨むのも、とりあえず次話まで保留しておきます。

鬼滅の刃
今話は悪いけど(?)堕姫さんの太ももしか印象に残ってない。とにかく太ももですよ。スゴイ。ただひたすらに太ももがスゴイ。何がスゴイんだよって、いやだってスゴイじゃないですか?(語彙崩壊)
知らず知らずのうちに目が太ももに釘付けになるから、暫く鯉夏さんの首から下がないとかよく分かっていませんでした。つか、鯉夏さんは、あれつまりシロってことですか、普通の人間だったのですか。すみません、堕姫さん返り討ちにしそうとかトンデモ冤罪かけてしまって…。でもそうかぁ…。なんか鬼は複数いるような気がしてたんだけどな。
それで太ももに戻るんですけど(どうした)、あの炭次郎に、目は綺麗でいいから、目だけほじくり出して食べてあげるって言っている時の格好もめちゃめちゃエロくなかったですか?あの不良座りみたいなやつ。また下半身に注目がいってしまいます。断っておきますが、別に普段から太ももフェチとかそういうのではないです。普段はロボレザの烏丸先輩みたいな美形顔にセンサーが光ってひたすら凝視するタチです(それもどうか)。
にも関わらず。堕姫さんは残酷な美しい鬼の雰囲気がもう素晴らしく表現されていて、確かにこれは無惨様もちょっとは誉めてやるかって思うのも納得の妖艶さです。美しく若い者しか食べない、と徹底しているところも良いですね。これがこの後、炭次郎たち鬼殺隊にボコボコにやられて、無惨からも見捨てられ、けど惨めに生き残ることこそが最大の罰だとか言われて、敢えて醜い犯罪者しかいないような島に流されたとして、妥協して醜い人間に手を出そうとするかが知りたい。ついでに、その醜い人間の中にめっちゃ心の美しい人間が紛れこんでいて、気紛れでだらだら接しているうちにその人間を気に入ってきて、それでも食おうとするのかが知りたい(蛇足)。
このように堕姫さんに対して色々妄想できるほどには、この鬼はオイシイキャラだぞと、太ももを見て感じました。おわり。

僕たちは勉強ができない
知らない人だから感情移入できないなら、どんな読解問題も難解なわけだぁ。全てが他人事だから、作者の意図など読み取りようもないわけで…。
しかしこれだと、遠方に住む、内戦で苦しんでいるような人々のことは勿論、普通に町中で困っている人とかを目にしても、自分の知らない人だから、苦しもうが悲しもうが「分からない」って理屈にならないか心配…。それはあまりに想像力がなさ過ぎだから、さすがにないか?これは恋愛限定で謎めいているだけで、困っている人とか悲しんでいる人は表情とか見たら分かるのかなぁ?少なくともロボ君は、人が困っている感じとかは分かるみたいだけど…(笑)。
こういうタイプってどうしても淡白に見えちゃうから、読者の共感を得るには損な気がしますよね。うるかちゃんみたいに唯我のことでわーきゃー赤面したり、文ちゃんみたいに周りの気持ちを慮って行動しようとしたりなキャラの方が身近だから。
まぁ唯我のことでほっぺたぷくーとかする理珠たまは可愛いし、そういう面はすでにあるわけだから、突然キスだけして去った彼女が、これを機にさらに感情的な面を見せてくれると近づきやすいキャラになる気がしますね。少なくとも、現時点での個人的順位は、理珠たまが最後尾です。理系のお友達の方がずっと好感度は上。

ジャンプ金未来杯エントリーNo.1
ジキルの使い魔
吸血鬼の少年が特に際立つキャラでなかったのが残念。ストーリー自体は読みやすかったし、少年漫画の見本みたいな感じで上手いなぁという印象でしたが。
とにかく吸血鬼って、これまでにも散々扱われてきた設定だし(退魔師も)、キャラ立てが凄く重要だと思うのですけど、「またこのコンビが見たい!」と思うほどではなかったです。ドSとされる退魔師が、同居しているお手伝い(?)の女子には密かに優しいって言うのは良かったと思います。

ブラッククローバー
ミモザ兄はわざとあんな嫌な奴に描いているのだろうか…。最初はまだギャグっぽい感じで見られていたけど(好きキャラミモザの兄という冠もあったし)、さすがに汚物うんぬんの言い草が繰り返されるとくどさが増すし、お前の人間性こそ嫌悪感なんですけど…?という域に入ってしまった。
逆に偽ザクスの勝手さは、訳ありみたいな描写や、アスタのフレンドリーな絡みも相まって嫌さが緩和されつつある…好きじゃないけど。
何とかミモザ兄は価値観翻らせて、マシなキャラに改変してもらいたい。

ゆらぎ荘の幽奈さん
千紗希ちゃんがひたすら可哀想なんだけど、早退することもなく、体育も頑張っちゃうし、階段の昇降もやれちゃう彼女だから、まぁいいのか(笑)?
それにしても今回は、必死な体で無になるコガラシ御大が改めて素晴らしき人格者であることを再確認致しました。

ハイキュー!!
研磨集中〜→びくぅってなる流れが好き。さすがクロさん。いつもはどっちかというと研磨に軽く見られてるような感じだけど、いざとなったら上位にいるお兄さんなのね。
しかし、烏野の試合ってどうなったんだ?なんで急にぶった切ってこちらをやり始めたのですかね?不思議な構成ですよね。

食戟のソーマ
おぉー田所ちゃんの相手、敢えて十傑中、最強の相手を当ててきた!?これはかませではなく、「絶対勝てるわけない」フラグからの勝利展開と見ていいんですよね!四宮まで出てきてフォローしたとあっては、勝利条件バッチリではないですか!俄然楽しみになってきた!!
ソーマの相手である寿司職人さんは、どうせ連戦の疲れがあったからどうのこうので、負けても株は落ちない流れと予測。
タクミの方は、最早十傑に何故いる?ってあの方が相手なのだから、勝つか負けるかではなく、どれくらいの差をつけて快勝するのか?ってとこに主眼を置いて読みます。…これでもしタクミだけ負ける展開とかになったら、全ての連載に目を通しているジャンプだけど、以降ソーマだけは読まないってくらいの勢いです(真顔)。それだけはあってはならぬ事態です。だってソーマの本当のライバルは葉山でもおねむなジキル&ハイド君でもない、タクミのはずですから。

HUNTER×HUNTER
…遂に。遂に休載宣言が入ってしまいました。涙。読み終わるまでそのことを知らなかったので、ホント、最終ページの下部にしれっと暫く休載しますの文字を見た時は衝撃を受けました…。なにを当たり前みたいなノリで告知してやがんだ、理由を説明しろ理由を…って思ったけど、救いは年内復活宣言。日清食品様のお陰じゃん。決してジャンプ編集部の力ではない。どん兵衛様が復活賞で励ましたから、冨樫氏も頑張る気になったって当人が書いている。だから私も感謝してどん兵衛買うわ。マジメシア。
そんなこんなで、ショックはショックでしたが、年内に続きが読めるなら…と、これまでの話を復習しながら大人しく待つとします。
本編はクラピカに逆らう「想定を越える馬鹿」に笑いました。ツェリードニヒ侮辱されて顔色変えるとか、あいつ部下に慕われてるの?ってちょっと意外だった。一部にはカリスマ性あるのかね。さっぱり意味がわからないけど(テータちゃんにもあんな酷い態度だし)。
あとバビマイナは、なんかいい人に見えてきたのですが、気のせいなのでしょうか…。多少なり人間の血が通っている敵がいてもいいなと思うんだけど…。
とにかくキャラが多くて人間関係錯綜してて、毎回書いてきたけど、本当に誇張なく面白い。だからこそ来週からハンターが読めないなんてやっぱり痛いけど…。他の連載陣に頑張ってもらうしかないですよね…はぁ。しかしはぁ、ため息。

僕のヒーローアカデミア
引き続き、ミリオがかっけぇ。あの最初に与えた手の温もりによって、壊理ちゃんのヒーローはデクになるとばかり思っていましたが、これはもうミリオで不動ですわ。カッコ良過ぎるとしか言えない。何ならもうすでにナンバー1ヒーローになってくれて構わないくらいに株爆上げ状態。やっぱり、小さな子どもを、何を置いても守ろうとする姿って問答無用に美しい。これをかっちゃんができるかというと…(笑)。ま、まぁ奴の場合は、悪態つきながら守ってくれるツンデレタイプで、それはそれでありかもですが…。
正統派ヒーローは間違いなくミリオですな。

銀魂
どんな話だったかあまり覚えていない…汗。殿様の話だったか?
あ!そうだ、最後に定春が出てきたんだ!あの走り始めてから再登場まで長かったなぁ。次回は活躍しそうだから楽しみにしたい(ワンコ大好き)。

磯部磯兵衛物語〜浮世はつらいよ〜
250回記念。蝶より弱い磯兵衛、最高。
藤井先輩、3回しか出てないのにかなりの存在感だよなー。でもあまり強い方ではなかった(笑)。あの忍者がそんな強いの!?ってびっくりだわ。
母上はもっと登場すべきだよね。磯兵衛が出ない回があってもいいよ(主役とは)。

シューダン!
鴨志田君も選ばれし人なの?あんなチームワーク悪そうな子が…まぁいいけど(笑)。
受かる前提で行くことを躊躇うソウシに、行こー行こーとねだる晶ちゃん、最高に可愛い。何だこの二人は。もうカップルなのかな?
と、思いきや、何やら八巻先輩のミニバージョンみたいなジゴロが出てきた。あれで小学生とか怖い。ロク君もおよそ小学生らしくなくて怖いと思っていたけど、違う意味で律君の方がいやらしい(ヲイ)。
でも全体的にホント楽しくなってきたよこの漫画。次回はソウシが活躍できるといいな!

青春兵器ナンバーワン
今号のナンバーワン。間違いない。最高過ぎて何回も読み返しました。何もかもが可愛すぎて悶えまくった。最高。最高ナンバーワン。
何がそんなに良かったか?
ズバリ、ナンバー3のニコッとした笑顔です。これに尽きる。萌え死んだ。あの子になら世界を征服されてもいい、そう思いました。こいつはさっきから何を言っているんだとそろそろ思われているかもしれませんが、一言一句、紛れも無い事実です。ナンバー3の笑顔がナンバーワン。
いやエージのお料理に目覚める過程も微笑ましかったし、エージのコメントがあってこそのナンバー3だったので、この2人がセットで良かったんですけどね。エージの素直な感想に、口ではリクエストなんて生意気なとか言いながら、喜ばれたと知るとニコッて笑っちゃう3…キュンときた。加えて、そんな3の笑顔に冷や汗をかいてあ然とする9の表情も最高だった(笑)。さらに何が最高って、エージのヨイショと3の努力により、徐々にこの2人だけでなく、零一や周りのみんなまでもが笑顔になっていくのですよ…。みんなが幸せになっていくのです。ちなみに、そのコマの隅に変な怪物になっている白百合さんもいましたが、いちいちギャグが細かい!全てに感動した。誉め殺しです。
終盤、母のように思い始めていた海野先生の正体が分かってからのエージの絶望と、それに反比例するかのように実演に熱が入っていく3(達)の勢いたるや、物凄くシュールだったけど、だからこそ目が離せませんでした。本当に最後まで息をつかせぬ展開で、素晴らしい一話でした。いい加減誉め過ぎですか。しかし3への好感度が半端なかったのは本当です。もう奴があんなに輝ける回は二度と来ないと思うけど。←最後に落とすなよ

クロスアカウント
もう裸も見られているし、感触も味あわせちゃっているし、凄まじい献身さを見せたくそみそ男ちゃんですが…。今週は鬼滅の堕姫さんの太ももがエロ過ぎて、この漫画にドキドキすることはなかったかなぁ。あんだけ肌色だったけど。

腹ペコのマリー
今週は可愛いキャラが色んな作品で揃い踏みでしたが、このペコマリでもキュートさが目立ちました、ぬいぐるみタイガで。マリーが出て行ったことを部屋の中でソワソワイライラして、でも部屋から出られなくてドアを見上げる…ラブリー(笑)。
でも話は三角関係みたくなるのか!?ってちょっとびっくり。そんなシリアスは要らないなぁ〜。でもこの3人なら変なドロドロにはならないかな。引き続き、楽しみに読んでいきたいものです。



といったところで、今週はここまでです。何と急いで前置きを省いたせいか、7千字オーバーで収まりました。いろいろジャンプ以外でも語りたい漫画が出てきているのですが、毎回何かに追われるように更新している為、思うように更新できません。が、当分こんなペースで続けていけたらと思います。
前回も拍手をありがとうございました。ぜひ来週も遊びに来てやって下さい!
ここまで読んで下さった今週の来訪者様にも感謝です。

スポンサーサイト

テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

minori

Author:minori
minoriです。
主にジャンプ作品の感想をつぶやきます。
時々気まぐれで他ジャンルもつぶやくかも?

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
参加しています

FC2Blog Ranking

こちらにも参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR