ONE PIECE 802話&803話ネタバレ感想

思えば、ワンピのネタバレに耐えられないから単行本派をやめてジャンプ購入者になったのに、こうしてワンピの単独記事をあげたことはありませんでした。最初の方に書いていたワンピの感想っていつも大体長かったから、はじめから単独記事扱いにしても良かったのですけど…途中であのドレスローザ編も間延びしたり、不服だと思う回もあったりで、感想が短い時もあったから…何となくタイミングを逸していました。

そういえばこのブログを始めるきっかけになったのはブラクロなのに、ブラクロにも単独記事がない。そのうちブラクロ項目も作ろうかな。

それはともかく、先週号はワンピ単独記事をあげると言ったっきり、結局時間がなくて書けなくて。そうこうしているうちに新しいジャンプが出てしまったので、今週と併せた2話分の感想をあげたいと思います。
追記から完全ネタバレ感想文になりますので、ご了承の上、お進み下さい。

ONE PIECE

802話は久しぶりに本当に面白かった。純粋にワンピを楽しんだって感じの回でした。
いや別に毎回楽しんではいたのですけど。ドレスローザ編は後半の戦いがいろいろしんどかったことや、私が個人的に望んでいたドフィvsローの因縁の対決が、何となく「え、これで終わりなの(汗)?」みたいな閉じ方をされてしまったこともあって…。ちょっとモヤモヤしたまま出航されたところもあったので。
今回の802話は、そういった気持ちをとりあえず祓って、よし新章突入!というモードで読めました。ゾウへ向かう途上での、あの船上シーン。心から愉快な気分になれた。主にバルトロメオたちのお陰で。

つーか、本当はバルトロメオって初登場時の印象が最悪で、絶対ロクでもない敵になると思っていました。観客への挑発の仕方は下品だし、キレると残酷な甚振り方するしで。
でも、あれ?何かルフィに対しては態度が違う?え?何そんなキャラだったの?って感じになって。
でもそれでも、あの深刻なドレスローザ編においては、バルトロメオのただひたすら過剰なルフィ先輩信奉モードには乗り切れないところがあり、場違い感を抱いていたもので…何かようやく落ち着いた今になって、やっとこの馬鹿っぽいノリに笑える自分がいて驚いています。別にバルトロメオの何が変わったってわけでもないのにね。

仲間たちもあのノリで、どことなく抜けている、でもお茶目過ぎる連中。
大量の雹が降ってきているというのに、航海士もいない状態で、「困った時には故郷のばーちゃんに電話」て!可愛い孫たちかよ!!
しかも「驚くほど簡単にとれた」と喜んでガムとりし始めるし。可愛い。可愛いとしか言えない。その後、モロに雹にぶちあたって「ぎゃー!」とか血まみれになって、傍にいたゴッドが必死にツッコミ役やっているのだけど、もうその様がいちいちおかしい。まぁいいじゃないか、こいつら血みどろになったって、どうせ死にやしないんだ(そういう問題ではない)。

そんでもって、そんな頼りない船に乗っていて、ルフィ達は、別にとことんまで死ぬ危機は抱いていないけど、何てこった、やばいじゃねーか!という感じで、それぞれリアクションしていて。その様も楽しい。ルフィはナミに助けを求め、ゴッドは乗る船間違えた!と頭抱えて後悔。ゾロ、フランキー、ローはあきれ顔。ロビンちゃんは心の底から楽しそう(笑)。ついでに、その後、ゾロに叱咤されたバルトロメオは涙を流して歓喜です。このごちゃ~っとした人間模様が、しかし実に丁寧で、皆「らしい」感じで、ああ、私はこういうワンピのトラブル模様こそがつくづく大好きなんだな~としみじみしてしまいました。

ところで、ローがウソップのことを「鼻屋」呼びから「ゴッド」へと昇格させているのがツボ過ぎます。だから私もこれからはゴッドと呼ぶ(笑)。ローがルフィのことを「麦わら屋」から「ルフィ」と呼ぶことはないんだろうか。1回くらい呼んでもらえるとすんげー興奮するんですけど。
ロビンちゃんが、ルフィたちと本当の仲間になる前までは「航海士さん」とか「長鼻君」とか職名や特徴で呼んでいたのに、仲間になってから名前呼びになった時、何というか、別にそのことに作中では一切何とも触れられていなかったし、ルフィ達も全くツッコミがなかったけれども…。読者にしてみれば、それって目を見張るほどのスゴイ変化だったわけですよ。そんでもって、じわじわと胸熱だったわけですよ。それくらい、相手への呼び方って重要だと思う。
それはまさに、ローがずっとコラさんのことを「コラソン」と呼び捨てにしていたのに、あの涙の夜を越えた翌朝、いきなり「コラさん」と呼び始めて、コラさん本人をあんぐりさせたように。誰かの心の中に大きな変化があった時の、とても分かりやすいシグナルだから、ローが当初はただ利用しようと思って麦わらの一味と同盟を組んだっていうのが終わった今、呼び方が変化していても良いと思うのよね。大体、ローは「麦わら屋が友達と言っていたから」って理由でわざわざベラミー助けていたしね。もう本当の仲間じゃん。しかしゾウでハートの仲間たちと合流したら、今度こそお別れになるのだろうか。正直、バルトロメオもあんなにあっさりとお別れすると思っていなかったので、ローもこんな風にあっさりな別れだったらどうしようと心配しております。……ローのせいでゾロだのサンジだのの出番が少なくなって、麦わらの一味の活躍が減った!と思っている読者などは、ローとはそろそろ別れろ!と思っていると思うけども(笑)。うーむ、どうなるのだろう。

ところで、803話で出てきた七武海の白ひげJr.。……もう嘘だろ?としか言えないツッコミどころ満載のお子ちゃまでした。
いや実際嘘だと思うよ?白ひげの息子じゃねーだろ。絶対。言い切るね。そんなこと許されないぞ!(段々熱が入る)
自称白ひげの愛人のばーちゃんがこれまたウケる。息子のことをただの金づるのようにしか思っていない感じだが、息子が馬鹿でも、「だが……許すよ!ビコーズ!アイラビュー!」だって。もうほんっっと、心の底からくだらないギャグだと思ったけれど、私はおだっちのこういうギャグが大好きなんです(笑)!マジで何でこんなので笑えるのか?ともう一人の自分が思うのですけど、フツーに笑ったから。本当にくだらない。でも好き。何なのこのコント母子。
というわけで、全然、何このキャラ!?白ひげの息子とかイメージ違うんですけど!ダメでしょこんなの!とかいう怒りは全くないのですが(だって100%違うと信じているし)、このキャラが無駄にルフィたちに絡むのは時間の無駄だと思います。←ひでえ
だって雑魚キャラの匂いしかしないし…(笑)。いやパワー自体はホント凄いのでしょうけれど。そして、財産よりも父・白ひげの敵を討ちたい!だから黒ひげに戦いを挑みたい!と涙を流すJr,の心根自体は良いのですけど。これからゾウ行って、ようやくモモ達の話も動き出しそうで、ハートの海賊団も出そうなのに、余計な茶々入れんといて下さいと思います。彼らの出番が減るだろ(笑)。
それにしても、あんなのを七武海にしちゃうなんて、もうちょっと人選を考えて欲しかったよ。ローもドフィも抜けて力の均衡を保つために超急いだのかもしれないけれど(ていうかいつから七武海入りしたんだ。誰の代わり?)、あんなのと一緒なんて、ミホークさんや蛇姫様の格も下がっちまうよ(笑)。ついでに顔面偏差値も物凄く下がる(ひどい言い草)。

あ、でもこのJr.とばーちゃん、目的はどうあれ、マルコ達を探すとか言っているのはエライ。ただ単にマルコ達に再登場してほしいからってだけですが。もう海賊やめちゃったのかな~。マルコは以前にシャンクスにスカウトされていたし、あの無敵っぽい能力から言っても、きっと引く手数多だろうけれど、白ひげの親父さん以外の下につく気はないだろうし、そうすると引退なのかな…と思います。海以外の場所にいるマルコか…何かさみしいなぁ。

さて、ここらへんまでが大体802話“ゾウ”までの感想ですかね。そうそう、ゾウが本物の歩くゾウだったっていうのにはまるで驚きがありませんでした…。何故ならこれも例によって、見事それを予想していた人がいて、その方の予想文を目にしてしまっていたから(笑)。決して自分が予想していたわけではありません。私は先のことはあんまり考えない性質です(妄想はするけど)。その方の予想を見た時は、何これ~もし本当にゾウさんだったら笑えるな~とか呑気に思っていたのですが、その前知識がなかったら、フツーにあの大ゴマにはえ~!とかなっていたかもしれない。ネットは便利だし、人様の感想も読むの大好きなので凄く嬉々として読むわけですが、本当に新鮮な驚きをもって漫画を読みたいのなら、こうした情報には全部目を瞑って、単行本が出るまでおとなしく待つ…それが1番なのかもしれませんね。もうそんな暮らしは二度とできないけど(待ちきれねえ…!)。

んで、ゾウさんの足をよじよじしていかないと上へ辿りつけないからと、あの千両役者みたいな人(名前忘れた←ヲイ)が出してくれた竜さんは……ロビンちゃんならずとも「可愛い!」と思わざるを得ない造形でした。誰もつっこんでいないが、男たちはあの竜を可愛いと思わないのか!?女性陣がフランキーの出すロボに全く魅かれないのと同様に、女性陣がときめく癒し系キャラ的な見た目に、男性は魅かれないということなのでしょうか?面白い対比だな。ちなみに、忍者はローですら反応するのね(笑)。

最後に、久しぶりに出てきたバギー。ここにもいたよ、七武海の顔面偏差値を下げた張本人が…(笑)。現在の地位を利用して着々とお金儲けに勤しんでいるようですが、ハイルディン達もあの一味に加わっていたとは。やっぱり、あの刑務所にいた連中ってホントにレベル高かったんだな。でもバギーの幹部たちは権力を手にした今も元のあいつらで固められていて、何か癒される。
バギーは自分の力量は分かっているだろうし、また麦わらに構うって方向にはいかない気がするけど…いろいろと恨みはありそうだから(何で恨んでいるのか最早謎だけど・笑)、余計な邪魔はしてきそう。でもこういうキャラは一転、案外な助けになることもあるし、バギーの動向にも今後注目ですね。…というか、こんなにも沢山のキャラを動かすおだっちは本当にすごいな。他にも四皇いるし、ルフィとロー以外の最悪の世代もいるし。あ!そうそう、ルフィの父であるドラゴンとサボがいる革命軍もだ!コアラちゃんはどうやらドラゴンに絶大の信頼と憧れを抱いているようですが…サボと恋愛フラグじゃないんかい。でもそういう年の差の恋も良い(笑)。
それはともかく、その革命軍も大きく動き出しそうだし。うーむ、この混沌としたワンピース。今後どうなるのやら。でもとりあえず来週は休載(……)。いいんです、長きに渡ってずっと連載してきているおだっちなんです。毎週描かなくていい。許される。でも他の仕事もしているのだろうな(爆)。
充電しながら、私が死ぬ前にワンピースの大団円お願いします(あと何年かかるのかと考えるとマジで心配になるわ…笑)。
スポンサーサイト

テーマ:ONE PIECE - ジャンル:アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

minori

Author:minori
minoriです。
主にジャンプ作品の感想をつぶやきます。
時々気まぐれで他ジャンルもつぶやくかも?

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
参加しています

FC2Blog Ranking

こちらにも参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR