少年ジャンプ48号ネタバレ感想一気書き(ブラクロを除く)

月曜日は楽しみだけど、折角の分厚いジャンプも、あっという間に読み終わってしまうのが寂しいところ。
ここのブログに感想アップしなきゃと早く読むようになった気もするし(笑)。まぁその後も気に入った作品は何回も読み直すので、余裕で1週間もちますけどね。
今週は、

1位 ブラッククローバー
2位 ONE PIECE(りゅーのすけの為に)
3位 ものの歩(応援票)

にしようかと思います。尚、今週の単独記事はブラクロです。前回にも書いた気がしますが、もともとこのブログを始めたきっかけって、ブラクロこと「ブラッククローバー」を応援する為に始めたのに、一度も単独記事を書いたことがないということに気づいたので。

あと、これまでほぼ毎回単独記事にしていた「ワールドトリガー」は、今週から殿堂入りということで、タイトルにもいちいち「ワートリを除く」とも書かず、当然のように別記事扱いに致します。時には短い感想の回もあるでしょうが、それでも別記事投稿にしようかと。おめでとう殿堂入り!他の作品にもそのうち殿堂入りが出てくるといいな!(私からそんな風に選ばれたからって特に何も良いことはないけど。)

それでは追記から、ワートリとブラクロ以外の感想文です。ネタバレ全開であることを事前にご了承下さいませ。


磯部磯兵衛物語~浮世はつらいよ~
風邪の話はあんまり面白くなかったけど、風邪っぴき磯兵衛の為に、団子屋の娘さんが見舞いに来るよう奔走した中島たちの友情に涙し(嘘)、表紙のアホさ加減にかなり笑ったので満足です(これは本当)。
アニメ化より舞台化の方が大事件だよね。磯兵衛はどうにでも表現できると思うけど、母上様こと妖怪クソババアを演じる人はめちゃくちゃ大変じゃないかと思うわけで(笑)。映画だったら、あの奇怪な動きもどうにかこうにか出来るだろうけど、舞台だと役者さんの演技に全てがかかってくる気がする。役者さんによっては、ちょっと観てみたいかもなぁ。

ONE PIECE
ロビンちゃんと同じく、りゅーのすけが大層好きです。また、おだっちの表現の仕方が本当に好き。手描きの文字でゼー…ゼー…とやりつつ、「はっし!」「はっし!」って表現が、如何にも必死にのぼっているって感じになっているでしょ。も~う……、可愛過ぎるんじゃー!!と叫び出したくなったよね。
しかも!登頂完了で皆が大喜びする姿を「にこっ」として見届け、任務を達成したりゅーのすけは、「りゅー…」とか言いながら、元の絵に戻っていくわけです。フランキーやウソップでなくても泣けるでしょ!ロビンちゃんじゃなくても、お花添えるでしょ!私も心の中で「りゅーのすけー!!」って一緒に叫びましたよ。マジ胸熱。(※この一連の記述、冗談ではなく、本心です。)
このシーンだけで今週はベスト3入りの価値がありました…確かな満足です。
そ、そ、それなのに…ゾロとローの素っ気ない態度と言ったら!そうだゴッド!説教だ!ゴッドのスーパー説教をかましてやれ~!と思わざるを得ませんでした。全然聞いてもらえないだろうけど(笑)。
ところで、錦えもん達と都合良く別れる展開になって、私的には「よしよし」です(笑)。いやね…キャラが多過ぎると、麦わら一味の台詞が減るでしょ。おだっちも、スト―リーがどうとかじゃなくて、描くのが大変だから別行動にさせたと思うよ(笑)。え、違うかな。
そうそう!あと今週は扉絵が最高でした…!!
見た瞬間、「エース!!」って思って興奮しました。後ろ姿だけで、もうカッコイイ…。全力投球のエース、それを受けるキャッチャーサボが見られるなんて…ありがとうリクエストした人。サービスでバッターをルフィにしてくれたおだっちにもありがとう。あ~エースの顔が見えない演出がこれまた憎かったね。いいよいいよ。この3兄弟の成長した一枚絵が見られただけでお腹いっぱいです。大変ありがたく頂きました。ご馳走様でした。

僕のヒーローアカデミア
相澤先生がカッコ良過ぎた。八百万ちゃんに自信を取り戻させる為の、敢えての敗北!惚れるわ。
このテストには、生徒を勝たせていい場合と悪い場合とがあって、轟君と八百万ちゃんペアの場合は「前者が適切」だというシナリオが最初から出来ていたのかもしれない。だからもし他の先生が敵役をやっていたとしても、戦い方は異なるにしろ、ああいう結末に持っていくことは同じだったかも。
……とは、思いつつ。クラス担任として、八百万ちゃんの自信喪失具合を他の先生たちよりよくよく理解していた相澤先生だからこそ、あそこまで完璧な負け方ができたのかなと。
今回のテストって、これ以上ない組み合わせにされているよな~としみじみ思う。それを決めたのもまた相澤先生なんだよね?先生好きだわ~。他の組の戦いぶり&結果も楽しみ!

暗殺教室
カルマ君に代わって「すいませんでしたー!」とジャンピング土下座な殺せんせーがひたすら可愛い。靴もぺろぺろして溶かしてた。可愛い。

食戟のソーマ
スゴイな、あの叡山先輩のにやけた形相。佐伯先生の画力にひたすら感服致します。
「残念でした」と「これが見せしめだ」のコマの顔がひたすらひたすらむかつきました。あまりにスゴイ顔なので思わず凝視し、段々とむかつきを通り越して笑えてきたから不思議です。いやー、あの先輩、今回は全くの手抜き料理で本気(?)を出していなかったけど、入学試験だって普通に受けたでしょうし、あの学園の生徒なら、腕前もそこそこあるはずですよね。てゆーか、十傑の一員なわけだし…。
でももし物凄い腕を持っていたとしても、あんな気色悪い顔した人が作った料理なんて食べたくないよ。顔の造作自体はむしろ整っている部類にいるのに、あんな醜い顔ができるなんてスゴイとしか言いようがない。性格の悪さが顔面いっぱいに滲み出ているもの。それでいて、きっと奴の作った料理の値段はべらぼうに高いわけでしょ?そんな奴の料理なんて「食べてみたい!」と思う要素ゼロじゃん。冗談はその顔だけにして下さいという感じだ(笑)。

ブラッククローバー
別記事投稿になります。後日アップ!

左門くんはサモナー
いやー、いいオチだった。今回はネビロスさんのせいでてっしーがとんだ不幸に見舞われたわけですが、これ、ちゃんと後日談として、その事実をネビロスさんにも知ってもらいたい。何故なら、恋するてっしーを結果的に自分が苦しめたと知って「ぐあああ!」と打ちひしがれて悶絶するネビロスさんを見たいから(Sか)。
この漫画、毎度とても主人公とは思えぬクズっぷりを披露する左門くんが、何だかんだで天使なてっしーに激しく執着しているのを、最後らへんにちらっと仄めかしてくるオチがイイです。今回のなんて最高。てっしーと逆のことを言うはずの悪魔が、てっしーの顔して「左門くん嫌い」と。それに対して暫く考えてフリーズ→悪魔をやっつける左門くんとか。しかも本物てっしーが現れたら、じりじりと後退したりとか。もう完全に惚れてるじゃねーか。あ~…好きな展開だわ(笑)。
下呂くんがリーダーとなっているファンクラブの会合シーンも楽しかった。酷いこと言うニセモノてっしーに、「こいつは…悪魔だ!」と、まさかの正解(笑)。
下呂くんは自分のゲロをてっしーに受けとめてもらえたというエピソードの持ち主で、そんなことがあったら普通に惚れてもおかしくないのに、何でそんな感じじゃないのかな?と第1話の時はちょっと不思議だったのですが、今ならその理由がよく分かる。最早、惚れるとか好きとかいうレベルじゃないんだ。そんな感情はむしろ恐れ多くて、てっしーは下呂くんにとってまさに神だから、ああやって遠くから見守る立ち位置で満足なんだな、と。ついでにてっしーの素晴らしさも布教できるし。下呂くんは左門くんのライバルにはなれないけど、あの盲目っぷりで、そのうち左門くんがちょっとしたヤキモチ妬くような展開も見られたらいいな。私が1番応援しているのはネビロスさんですが。
尚、「お前が始めた戦争だろうが!」ってぶちキレる笑美ちゃんもイイ味出してました。

たくあんとバツの日常閻魔帳
読み切り漫画。新人作家さんなのですか!?スゴイ絵が巧いですよね~。話も読みやすかったです(ちょっとごちゃっとした印象も受けたけど、物凄く気になるというほどではない)。
1番印象に残ったのはバツちゃんの貧乳!可愛い描かれ方をしているなぁ、貧乳のチラ見せって結構いいものなんだぁと思いました。
主人公君はちょっと没個性という感じでしたが、その分、悪印象も皆無だったし。故あって閻魔の娘に従うこととなった人間の少年というシチュエーション、コンビとしてもイイ感じなのではないでしょうか。
ただ、あんまり感想という感想がない。私のスタンスとして、読み切りがくると、毎回良いにしろ悪いにしろ、結構語る方だと自負しているのですが…この作品に関しては言うことがない(笑)。物凄く面白い!ってわけでもないが、特にここが嫌いとか悪いとかいうのもなく。キャラも「良かったと思う」としか言えず。
ただ、これを連載で読みたいか?と訊かれると、別に読みたくはないかな…(ひでえ)。ってことはつまらないんじゃないか!と言われそうですが、本当、別にそんなつまらなくなかったし。謎です。だからもう一回、この話を読み切りで読んでみたい。そうしたら、このモヤっとした言い方に何かはっきりとしたアンサーが出るかもしれない。

斉木楠雄の屮難
本当に心底がっかりした。何故みこちんの話じゃない?何なん、このとってつけたような話。別につまらなくはなかったけど、今食べたいのはうどんだったのに、問答無用でカレーを出されたような気分です。ちょいおこ!(※激おこというほでではない。)

ハイキュー!!
「鼻血が出たらベンチ下げられるから」と、咄嗟に顔を横にした日向。それに対してチームメイトや白鳥沢の面子が驚いたり呆れたりむっとしている図が大変素敵。
が、それ以上に、それを聞いてこれ以上ないってほど不愉快そうに眉間の皺を深くするウシワカが激ツボ!そこまで不快にならんでもって感じなのに、「今、初めて明確に、お前を叩き潰したい」って…何故(笑)!?何故そこまで憎む?いや憎むというか、これってライバル心なのだろうか。ウシワカにも分かっていない不可解な感情。これまでどんな人間にも抱いたことのない闘争心?そんなもんを剥き出しにされたら、野生動物な日向じゃなくても飛び退るわな。いや、日向だからこそ、あの眼光ビームをキャッチできたのかな(笑)?何にしろ、この一見「どう見ても勝負にならない」ウシワカvs日向が、明らか上位のウシワカにも認められて遂に開戦した感じがとてもイイです(もう4セット目だけど…)。

銀魂
うーん、特に感想はないかな。桂さんの戦いが早く見たいってくらい。銀魂、通しで全部読んでいないせいもあるかもですが、思えば桂さんのマジ戦闘ってあんまり見た記憶がないので。

火ノ丸相撲
結果が分かっているのに、読んでいて胸躍る試合って凄い。そしてあの2人の戦いを見て奮い立つ大関部長!やったー!部長と火ノ丸のガチ勝負、是非観たいよ!思えばこれって、全国行く前に必ずやっておくべきことだった気がする。楽しみー!
そんでもって、我らが親方はやっぱり今日1日オフなご様子。火ノ丸を自分の部屋に入れることは確定として、その火ノ丸を応援しに来たお陰で、3年生の中にもたくさんの逸材がいるってことが分かって、親方としてもホクホクでしょうなぁ。これ、大会が終わった後、親方が自ら大関部長の所へ行って、卒業後はウチの部屋へ来いってお誘いの言葉を掛ける気がする。めっちゃ気が早い想像だけど…そんなシーンを見たいです。

こちら葛飾区亀有公園前派出所
はちゃめちゃ両さんが、はちゃめちゃにこき使われる展開は大好物。
でもこのご時世で戦場を行くとか洒落にならない。フツーにマフィアの所へ潜入でいいじゃん。未知の生物がわんさかいるジャングルの奥地でサバイバル散歩とかさ…。とにかく戦場は駄目よ。着ぐるみネタは好きだけどね。視聴者による、やって欲しいことベスト10の方がまだマシだった気がしますよ。

背すじをピン!と~鹿高競技ダンス部へようこそ~
面白かったー!わたりちゃんが、「このドレス可愛いから」って、ちょっとどもりながら照れ顔するところ、最高。雅春が「可愛い」って言った台詞、ちゃんと聞こえていたんだね!
それに対して、「うん…ね…!」しか言えない雅春。それにイラッとするひらりちゃん。素晴らしい(笑)。
ライバルがどんどん出てくるところも、皆イロモノってところが良かったです。八巻先輩は、前から如何にもガチゲイさんに狙われるタイプだと思っていました(ヲイ)。んでもってああいう冷たい返しで相手を怒らせるというね。それらを微笑ましい、またはどうでもいいような反応でさらっと流す女性陣がこれまた最高。
顔の真ん中だけ凄くイケメンな金龍院さんも、引き連れている女性が美人!多分、苗字からしてスゴイ貴族の出なんだろうな。部長さんも、お母さんが有名デザイナーっぽくて、あんな豪華な練習場も持っていたりと、お金持ちだけど…まぁ社交ダンスなんて家柄の良いとされるお金持ちの嗜みというイメージだものなぁ。そこに雅春という、ド一般人が参入するっていうのが良いのだけど(多分、土井垣部長も高校で部活作っているってことは、社交ダンスの素晴らしさを一部の金持ちだけがやるのじゃなく、もっと広く国内に普及したいって気持ちが強いんだろうな)。
で、宮大工くん。字義通りに全てを受け取り、己の疑問はあますところなく口にする。それで相手がどういう気持ちになるかなど考えない。考えられない。……いるいる~こういう人いる(笑)!って思いました。漫画だから誇張されているけれど、間違いなくいます、この手の人種は。人として決して悪い人ではなく、むしろ掴んでしまえば面白い部類に入るわけですが、慣れない人は戸惑うし、ドン引きだし、人によっては怒り出しちゃうかもしれない。でも、宮大工くんみたいなタイプにしてみたら、何で相手が怒るか分からない。だって自分が悪いこと言ったって自覚はないから。だから、彼みたいな人には、御木くんみたいな人が周りにいないときついだろうなぁと思いますね。それか、雅春みたいなお人よしとか。
何にしましても、2人の間であわあわする雅春に笑いました。全くその通りというかで、勝手に2人だけで話を進めないで下さいって感じです(笑)。でも御木くんってそこまで雅春のことを評価していたのだなぁと初めて知りました。多分、文化祭でそれは決定的になったんじゃないかな。あれは本当に楽しそうに踊っていたもの。宮大工くんにも、あの時のようなダンスを魅せてあげて欲しいものです。

ものの歩
やっぱり皆で観に来てた~(喜)。むしろ香月ちゃんまで来てくれるとは意外だった!泰金さんの方が来そうな気もしたけど…大人組はお仕事があったのかもしれませんね。何にしろ、同年代っぽい3人がハラハラしながら信歩の応援を陰ながらするって…素晴らしい友情!桂司くんの場合は、出来の悪い弟の運動会をハラハラドキドキこっそり観戦って風に見えたけど(笑)。
初戦の相手が典型的な悪者でとても喜ばしかった。周りで観ているおじいさんがちゃんと横から口挟んでくれるのも地域の大会ならではかと。早くおじいさんや小学生とも試合して欲しいよ。嫌な奴を叩きのめした初勝利は、それはそれで良かったけれど、これだとほのぼのと将棋大会を楽しむという趣旨からは外れるから。信歩には奨励会の皆以外のレベルが低い、本当の本当にド素人みたいな人とも将棋を打って、「将棋楽しい!」ってなって欲しい。だってこの漫画って将棋漫画じゃなくて、本当は信歩の対人スキルを磨くソーシャルスキルトレーニング漫画でしょ?え、違った?違ったとしても、今からそっちに方向転換してくれても全然いいです、個人的には。
竜胆くんも何気に気にしているコマが出てくれてサービス精神旺盛。何やら厨二病っぽい新キャラはどうでもいいと思ったけど…(笑)。ここらへんはサクッと倒す展開でも良いのではなかろうか。

トリコ
何となく読んで話を追っているだけなので、全く感想が浮かばない。小松の鼻の穴がまた塞がっていたというくらいしか…。←もう少し何か捻り出せんのか

ニセコイ
ねえ…このバトル展開、いる!?要らないよね!?一話無駄にしたと思うくらいですよ、真面目に。40歳バツイチイケメンのフォローをした数コマは必要だったとも思うけど、後は本当に要らない。もう本田とか鶫とか、出過ぎ。どうでもいい。だってこいつらに何がしか会話させたところで、マリーの「秘密」は結局明かされないのは分かっているし、また引き延ばされたって印象しか生まれないから。
あと、これはマリー編のはずなのに、千棘ちゃんが出過ぎちゃっているのが激しく良くない。このマリー編のテーマが「友だち」に主軸を置いているから、楽だけでなく、他の友だちの千棘(や小野寺ちゃんたち)も一緒に来た…という風にしたいのだろうけど。その主旨は確かに分かりますけどもね…。
楽に抱き着かれてポッとする千棘ちゃんに何の罪がなくても、マリーファン(私)からしてみたら、マリー編なのに何でこんなシーンを挿入するのか?って思わざるを得ないのです。しかもこれって、最後のマリー編でしょう?どんだけマリーに納得させた、満足そうな顔をさせても、作者都合でそうしたという風にしか取れない。
まぁ引っ張りまくったマリーの秘密が何かによって、このド底辺の評価も変わるかもしれませんが…ニセコイ、これ大丈夫なんか?と、別にニセコイファンじゃなくても、これまで結構巧い描き方をしているな~と思って読んでいた身としては多少とも心配になります。

ワールドトリガー
殿堂入り故、別記事にてアップ予定。

BLEACH
しゅ、主人公が出てきた!またあと2年くらい姿を拝めないかと思ったのに、何か走ってた!これってとりあえずラスボスの元へ向かって走っていると解釈していいいのですか。あと2年位は走り続けるとして(爆)、それでも前進しているんだよってところを見せてくれただけでも良かった(あと作者が主人公を忘れていなかった&とりあえず出しておかなくちゃって思ってくれていたってだけでも良かった)。
京楽さんとやらの技はもはや「詩」ですね。美しいです。全く訳が分からないけど。

カガミガミ
こういうバトル展開になってしまうと、もう感想という感想も出てこないのですけど…とりあえず開斗が男前で良かったかと。もうちょっと背が高かったら、あのスーツ姿も七五三ではなく、超絶イケメンとして見られたのでしょうけども(返す返す惜しい)。
恭介の式神も可愛い。グル!とか言って可愛い。こういうのは地味に好き。でも結局この漫画、全体的にいろいろなところが惜しくて悲しい。ホローラビットはもう全然可愛くなくなったしね…(怖くもない…)。

ベストブルー
あれ?これ、選手一人一人ピックアップするってことは、まだあと1か月は連載が続くってことかな。もう来週終わっても不思議ではないと思っていたけど、カガミガミの方が早いのか…。
結局この漫画って、折角のメドレーなのに、タイムを一秒でも縮めて早く泳ぐ以外のテーマってなかったような気が…。作者は水泳について何がしか取材をしてからこの漫画を描いたと思うのだけど、それらのネタを使う前に打ち切られたってことなのかな。それを惜しいと思わせていたら、カガミガミくらいの感慨は生まれたと思うけど、残念ながらそんな惜別の念すら生まれない…。一応、最初から主人公君のことは好感を持って応援していたし、それは今も変わらないです。でも如何せん肝心のお話が…(汗)。
あと一か月?でそれらの感想が少しでも変われば…と願っています。

今週は以上です。ワートリとブラクロはまた別日に投稿します。
スポンサーサイト

テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

minori

Author:minori
minoriです。
主にジャンプ作品の感想をつぶやきます。
時々気まぐれで他ジャンルもつぶやくかも?

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
参加しています

FC2Blog Ranking

こちらにも参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR