ONE PIECE 第805話ネタバレ感想

最近、アニメのワンピースに挫折しました。これまでずっと録り溜めしていて、早く観ないと容量が~と思って先日遂に一気見したのですが…。そうやってやっつけ仕事のように観る必要ってそもそもあるのかな?と。それって特に楽しみにしているわけじゃないんじゃない?…と自分ツッコミした結果、コラさんとちびローの過去編が終わったあたりで、私のアニメ視聴は終わりました。またそのうち復活することもあるかもしれませんが…こう日常に忙殺されていると、1日の自由時間内にアニメの30分確保するのって結構大変。アニメはアニメで原作にないエピソード入れてくれたり丁寧なところもあったりで好きなのですが(作画がひどい時もあるけど)、何と言いますか、コラさんとちびローの過去編が辛くて、それが観たい!でも観たくない!(どっちだ)という葛藤を乗り越えてやっとこ観たことで、とりあえずは満足できたのだと思います。あそこは私的に一つの区切りだった。
…本当の区切りはローがドフィを討つことだったのですけど。

ともあれ、原作の方ではドレスローザ編も終わり、新たなゾウ編…と言っていいのかな?それが始まって、お話がどう新しく展開していくのか楽しみです!
そんな始まりのゾウ編、追記からネタバレ満載感想です。


ONE PIECE

新しい表紙連載、「5億の男編」ですって!やったー!!
これって絶対ローのことですよね!?え、違う!?私はもう真っ先にローのエピソードならぬ、ハートの海賊団のスピンオフ来た!!と思ったのですが!

5億というとルフィもそうだし、もしかすると新しい手配書を見るルフィの知り合いを随時描いて行く…という可能性も、ないわけではないですが…私的にはストーリー仕立てで、ハートの海賊団を追って欲しいです!

曰く!

彼らはローと別れた後、どのような航海を経て、ゾウへ辿りついたのか!?
もしくは、ゾウに辿り着いた後、どのようにして今のお仕事(ガーディアンズ手伝い)に就いたのか。
そこらへんを是非やってほしぃ~。

元々、数年前に2年後ローがパンクハザードに突然颯爽と現れて(あの扉から出てきた時、真面目に興奮した…)、スモーカーさんと壮絶な、且つ激カッコイイ戦いを繰り広げて、その後ルフィの麦わら海賊団と同盟を結んで。
実にいろいろと嬉しい展開の連続だったのですけど、その一方で、「ハートの連中はどうなったんだ!?」と気になって仕方がありませんでした。ハートのクルーって実際には数コマしか登場していないし、さほど個性や力が強そうにも思えなかったけど(ベポを除く)。でも何か、あのノリが何やら最初から好きだったのですよね。

そんな彼らが…数少ない登場回から察しただけですが、でもどう見てもローを信奉しまくっている、ロー船長命!一生ついていきます船長!なキャプテン心酔集団が、何をもって大好きな大好きな船長と離れてしまったのか?

当時、パンクハザードでローがルフィ達に、「お互いに取り戻すべきものがある」って言った時は、ハートの海賊団が人質とかになっているのかとすら思いました。
でも後から、どうやら、ローの命令によって別行動を取っているらしいと分かり。
そしてドレスローザ編が佳境を迎えるにつれ、何やらローはここでドフィと刺し違えるつもりだと分かり。

つまりですよ、全然、まったく、生きて仲間の元へ帰ろうなんて、ローは微塵も思ってはいなかった。否!もしかしたら当初の予定でドフィとカイドウをぶつける計画貫いて、間接的なドフィ殺害に成功していたのなら、ローの生存率もぐっと上がるので、その後、ハートの仲間たちとの再会もありうる…とは、頭の隅で思っていたかもしれませんが。

今回はっきりと「また会えると思っていなかった」とロー自身が言っていたので、やはり彼は今生の別れと覚悟して、ハートの仲間と別れていたのだなと。
で、どうやら10年来の付き合いであるベポはミンク族らしいけれど、幸いにも故郷に辿りつけそうだから、どうせなら故郷へ帰らせてやろう、もしも自分に何かあっても、ベポがそこで家族か知り合いと再会でもして暮らしていけるのなら、それもいいだろう…くらいに、ローは考えていたのかなぁと。……しかしゾウとは縁もゆかりもない他のクルーもそこで一緒に待たせるってスゲー罪作りな気もするけど(笑)。

で、ローキャプテンはそんな感じでかなり勝手なのですが、今週のベポたちの様子を見るに、彼らの方はローが自分たちの元へ帰ってきてくれることを全く疑っていない。
しかもそうして待っている間は、ハートの隊服を着こんだままアルバイトに精を出している…どんだけ健気なのかと(泣)。

「帰ってくると信じてずっと待っている」と言えば、どうしたってラブーンを思い出しますが、下手したらハートのクルー達だってあのラブーンと同じ運命辿ることになるとこだったのだ。ローの罪は重い…。あぁ一体どの面下げて仲間たちの前に現れることやら!もう次週再会シーンを拝めるのですかね!?キャプテン早く会いてえようおーん!と言っていた彼ら。私だって、早く会わせてあげたいよアイアイ~!!と、思わずにはいられませんでした。

それにしても、改めて思いますが、ベポの顔、めちゃくちゃ可愛い…。いきなり登場してきてテンション上がりました。
で、多分、喋らなければもっと可愛い(ヲイ)。ベポと言えば、大阪ワンピ展でローをはじめ、ベポの手配書ポスターも是が非でも欲しくて、結局全種類揃っているセットのやつを買ったのでした。ん…そういや、ハートの海賊船のプラモも買ったのに、まだ組み立ててないや(笑)。ハートの海賊団Tシャツは寝間着として使用しております。

そんなこんなで、もういい加減バレバレですが、ハートの海賊団ファンです、私は。
ローが好きと言うのもあるのですが、とにかくまとめてあいつらが好き。
何が好きだと思ったって、オークション会場でのルーキー共闘の際、ローが「ベポ」って一言呼んだだけで「アイアイキャプテン!」とか言って、全ての意を組んだかのようにカンフー技を繰り出してきたベポがね!そんでもって、海軍からツッコミ入れられて「すみません…」って落ち込むベポがね!すんげー可愛いと思って!!

尚且つ、なかなか新世界へ入ろうとせず、「ゴチャゴチャ言ってないで黙って俺に従え。取るべきイスは必ず奪う」と不敵に笑うローに対し、「キャプテーン(ハートマーク)!!」って皆でやんややんやしている様子を見て。
あ~…何だよこのほのぼの海賊団…キャプテンは目の下のクマも著しくて悪人顔全開で、絶対ヤクやってるだろって感じなのに、そんなローキャプテンにつき従う「ハート」のクルー達といったら、癒し系のモフモフ白クマだの、シャチだのペンギンだのって、水族館シリーズかよ。和む他ない…って感じで。きっと他にもクジラだのイルカだのって名前の奴らがいるに違いねえ。もしかしてそれらの名前はコードネームで、全部ローが名前つけたんじゃないかと勘繰ってもいる。で、ローも秘かにその水族館シリーズで和んでいたりして。

だから、戦力どうのこうのとかはどうでもいいのです、私は。正直、ハートのクルーってショボイ雰囲気の子たちしかいないし、ルフィに「俺らと同盟組め」とかローが言い出した時は、「しかしそっちの戦力ってロー以外まともな人いないじゃん?」と大変失礼なことを思ったものです。
だってルフィの方には能力者もいっぱいいて皆強いのに、ハートの海賊団は個性あるやついないですからねぇ(皆お揃いの隊服着ているからというのもあるけれど)。でも冗談じゃなく、もしもローがあのまま帰ってこなかったら、実力的にジャンパールが船長やるしかないんじゃないか(汗)と考えていたくらいです。

いやでも、元々そういうんじゃないから。先述の言い分に戻りますが、そういうんじゃないんです、この海賊団は。これも先ほど書きましたけれど、ハートのクルーは皆して同じ服を着ている。ローが考えたあのマークを背負って。つまり、全員野球で勝利する系というか。チームワークでいけるというか。連携取って戦う系なんだろうな、だからきっと皆カンフー技は持っているのだろうな、でもあんまり強くはないんだろうな、と。段々何を言っているのか分からなくなってきましたが、とにかく、そんな没個性な彼らが私は好きなのです。会えない間に、「ハートのクルーってどんなんだろう?」って妄想が膨らんで、余計好きになっていったというのもありますが。船が潜水艦ってところも洒落ております。

あと、ローはわざわざ奴隷だったジャンバールを助けていたけれど、ベポも元はオークションに売りに出されそうになっていたところをローが助けたのかな…という妄想もしたことあります。だって喋るクマですよ?大変珍しい、実に欲しい(笑)。10年来の付き合いというと相当ですが、きっと昔は今よりもさらに激カワなコグマちゃんだったに違いないです。それを、同じくまだ幼いローがオリの中に閉じ込められてシクシク泣いていたところを助けたとかいうエピソードあったりしたら泣く。数コマでいい、出会いのところを魅せて欲しい~。

まぁそれか、他の方が、ベポは元人間で、とても助からない大怪我をしたことによって、ローがシャンブルズしてクマの身体の中にその人格入れた説とか書いておられて、なるほど!それも良い!と感動したことがあります。けど、女ヶ島へ行った時にベポが「メスのクマいるかな」と言っていたので、「え?」と思い。心が人間だったらメスのクマに興味が向くわけないので、あれ?ホントに喋るクマだった??となり。まぁ最終的には色々していた想像をやめて、もう何でもいいや、とにかく可愛いからそれでよし!となって終わるのですけどね。何にせよ、ミンク族ってのは全く考えませんでした。人魚に対する人間の差別意識同様、ここにもいろいろなドラマがありそうですね。

ところで表紙連載からハート語りへ話がぶっ飛んで、全くまとまりのない感想文になっているのですが(汗)。

本編の方は、ちょっと慣れないミンク族の造形(何故か男は完全に動物の姿なのに、女のミンク族は一部だけが動物で、全体的には人間の女性みたいです)、そしてあの喋り方と、空島住民のように当分慣れないところも出てきそうです(そういう意味ではトンタッタ族の話し方にも慣れないものを感じていた)。

そうそう、ワンダは好きなキャラになりそう。
ルフィのことを庇う為に、親愛の情というか、「こいつは私の仲間」という印でペロッとなめたと思うんだけど、あの絵がむちゃくちゃ可愛かった…!犬になめられて「わ」って言うルフィ。新鮮過ぎる。ワンダもあのコマだけは完全に犬だった。

正直、ケモミミとかに萌える属性ではないので、動物人間って微妙なところもあるのです。何せ個人的な話ですが、某H×Hのネコ蟻さんに大層なトラウマ植え付けられた過去があるので…。だからもし可愛らしいネコさんなんかが出てきた日には、逆に「こわっ!」と思ってしまったかもしれません(カイトの生首見させられた時は素で3日ほど落ち込みましたから私…)。ワンダがワンコで良かった。もう一人の子もうさぎさんだし。

それはそうと、折角辿りついた新しい島、そしてそこで栄えていた国がもう滅びていたとは…!早速暗い影を落としてきていますが、たぶん国民は大丈夫だと信じている。だっておだっちだから。当然、ナミたちの死体があるわけもありません。ブルックの死体ならあるかもしれないけど(笑)。

早く麦わらの一味が勢揃いして、ローもハートのクルーと再会して、改めての同盟関係を確認して欲しい。
……だってさ。下手したら、ここでローとはお別れだよね(汗)。一応ローはドフィの呪縛から解放されたわけで、再びハートのクルーと会えたなら、また自分たちの航海をするのだろうし。キャベツやバルトロメオのように「またそのうち会おう」とかいうノリで別れる可能性大。けど、これだけ長い間ローとルフィが一緒にいる絵に慣れてきた身としては、もしローがあっさりと「じゃあな」って別れたら悲し過ぎます。カイドウ倒すまでは一緒にいるかもしれんけど…。ゾウでお別れの可能性も大いにあると悲観しております。

しかし、しつこいようですが、ハートのクルーは、ローが決めたことは何でも受け入れるのね。自分ら放置されている間に勝手に同盟とかいう新聞きても、「俺たち同盟なんだろ?」でにこやかに挨拶してるペンさん。「キャプテンも一緒か!?」なシャチにも悲壮感はまるでない。本当にローを信じていたんだな…。真相を知る機会があるかは分からないけれど、一時はクルーだけ安全圏に避難させて、自分はこっそり死のうとしていたキャプテンがいただなんて…ベポたちがそれを聞いちゃったらどう思うのかな。泣ける。

などと、ハートの話だけで大部分終わった感想文…。とりあえずジャックとかあんまどうでもいい感しかしないし、お前よその国襲っている暇あったら、主人であるドフィを救いに行けよと思ったのは私だけでしょうか。ジャックはファミリーの中では異端な存在だったのかなあ。
何にしろルフィの敵ではないと思われる。問題はカイドウだ。

以上です。明日も早いのにまた夜更かししてしまった…。
スポンサーサイト

テーマ:ONE PIECE - ジャンル:アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

minori

Author:minori
minoriです。
主にジャンプ作品の感想をつぶやきます。
時々気まぐれで他ジャンルもつぶやくかも?

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
参加しています

FC2Blog Ranking

こちらにも参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR